第二次スーパーロボット大戦OGシナリオコンプリートクリア!

ハードモードで真のラストステージ

一か月ぶりくらいなのか、久しぶりの記事になります、こんにちは、こんばんは。

プレステ3の第二次スパロボOG、二週目プレイしてて、ハードモードで真のラストステージまでやっと行けました!

巷ではスパロボ30が話題だけど、僕は第二次OGです!

以前、ガンエデンを倒して全話クリアした~! という記事を書きましたが、SRPポイントを集めてハードモードで進め続けると60話以降、シナリオが二つ追加されるのです。

以下、ネタバレを盛大に含みます。未プレイの方はご注意を。

まず最終形態AI1(というかエルデ・ミッテ)との対決。ツェントル・プロジェクト(ヒューゴとアクア)の決着ともいうべきステージ。プレステ2のMXをプレイしてたからストーリーは分かってた。MXでの最終決戦・ラスボスであり、懐かしいともいうべき対戦の再来。

でも、そんなに苦労はせずにクリアした。このステージをプレイできたのは良かった。

そして、次のステージは『機人大戦』。バラルの妖機人たちとの最終決戦。

ノーマルモードでは『四龍の長』というステージ名で、前回一週目もプレイしたシナリオなのだけど、僕個人としては、ここのステージが一番神経を使った。一般的には59話の『デザイア』のファートゥム戦がラスボスよりも辛いと言われているようだけど、僕にとっては四凶の饕餮王と窮奇王とやり合わなければならないこのステージが一番辛い。そして長く感じる。
饕餮王、窮奇王ともに気力を下げてくるし、攻撃でENとSPも奪ってくる(特に厄介なのが饕餮王ね)。且つ、両方ともHPが半分になると必中を使ってくる。熱血も使ってはくるけど、それはまあ楽に対処できる。とにかく、ひらめき持ちがいないと本当に苦戦する(不屈持ちは辛い)。

かといって、のちに武雀王、雀武王や応龍皇も相手にしなければならない。なので、饕餮王、窮奇王に全力を出したらあとが厳しい。SPをある程度温存しながらの戦い。

でも、饕餮王はSPを奪ってくるので、饕餮王だけは熱血使って早めに倒す。グルンガスト参式やSRX、ハイペリオンなどのサブパイロットの熱血使って攻撃できるのはメインを温存できていいよね。

饕餮王、窮奇王の両方を倒したら、少し気が楽になる。武雀王、雀武王はそんなに強くないし、応龍皇にも精神コマンドを余すところなく使って全力で倒しに行けるから。特に龍虎王・虎龍王を武雀王、雀武王、応龍皇に全力でぶつけていきたいタイプなので。

饕餮王、窮奇王でいかにSPを温存しておけるかがほんと大事。

さて、『機人大戦』もクリアするといよいよガンエデンとの戦い。

第二次スパロボαのラスボス

ガンエデン戦も長丁場になるステージ。いかにケレン、カナフ、ザナヴを早めに倒してガンエデン一体との総力戦に持ち込めるかがカギとなる。

でも、一週目で倒している経験があるからか、思ったほど精神的に苦戦はしなかった印象。ケレン、カナフ、ザナヴも熱血をあまり使わずに倒すことができたし。あとは精神コマンドフル活用でガンエデンにぶつかっていけたので。

SPに余裕があれば、ガンエデンは時間をかければ楽に倒せるので。

さて、ガンエデンを倒したら、真のラストステージにどうつながっていくのだろうか、と思っていたら――

最終話

まさかのアルテウルとエア・クリスマスの出現。そしてAI1までいる。

ここでやっと分かった。ハードモードにならないとAI1と対決できないのは何故なのか。

AI1の機能を活用してガンエデンと融合し、真のラスボス『アダマトロン』になるのだ。

ユーゼス・ゴッツォが真のラスボスとして出てくるというのは知っていたけど、こういう形で『アダマトロン』になるとは思わなかった。第二次αやMXのラスボスをうまく融合させてるシナリオ作り。

ちなみにユーゼス・ゴッツォはスパロボαの時に戦った。ヒーロー作戦はプレイしてないので分からないのだけど、異様にウルトラマン(の力)に憧れているという設定らしい。

それにしても、ここのステージでも饕餮王と窮奇王が出てくるとは思わなかった。しかも、ケレン、カナフ、ザナヴまでいるという。まあどれも若干HPは下がってはいるものの、それでもどうやってSP温存して倒そうか考えてしまう。

結局、饕餮王と窮奇王は熱血をある程度使ってすぐに倒したけど。そう考えるとケレン、カナフ、ザナヴって通常攻撃で倒せるんだなと思った。修理装置持ちは必須になるけど。

問題は『アダマトロン』の最大射程。

アダマトロンとヴォルクルス上下を残して、他の敵を倒してしまうと、ついにアダマトロンの射程内に突入していくわけだけど、

脅威だったのは、アダマトロンのマップ兵器! 当たると精神禁止状態にされてしまう。これは痛い、痛すぎる。

それでも、ヴォルクルス上下はほぼ無視して、全力でぶつかっていった。

HPを半分近くにしたところで、アダマトロンに取り込まれていたイング+エグゼクスバインが放出され、参戦。

熱血攻撃をどんどん浴びせていった。マキシマムブレイクとかも発動させたりとか。

やっぱり熱血の合体攻撃が20000以上ダメージを当てられた。単体の最強技だと14000あたり。マップ兵器を浴びて精神禁止になると痛いね。

そんな中でエグゼクスバイン(イング)が参戦してくれるのは助かった。途中参戦だから、精神にも余裕があるし。

HP????????????から、ようやく表示色が黄色に変わりHP100000以下になったのが見えてくると、いよいよ倒せるんだなとラストが見えてくる。それにしてもHP450000ってすごいわ。そりゃあ、あんだけ熱血攻撃をばんばん浴びせてもなかなかHPが見えてこなかったはずだわと思った。

もう少しで倒せるというところで、ヴォルクルスも倒すことにした。上下両方倒すと合体するっていうのは知ってたけど、

予想外にHPが高い! 余裕で倒せると思ってたけど、SRXの一撃必殺砲とかを集中放火させて、最期はサイバスターのコスモノヴァでトドメをさした!

で、同ターン内でアダマトロンにもトドメをさした。残り行動できるユニットが少なくなってたけど。

最期はエグゼクスバインで。

おわりに

これで二週目のプレイ終了。すべてのシナリオをクリアし、シナリオコンプリートのトロフィーをゲット。

これまでいろんなスパロボをプレイしてきたけど、一作品内のすべてのシナリオをクリアしたのってもしかして初めてかもしれない(スパロボって途中でシナリオ分岐して、どっちに行くか選ぶからね)。

PS3が壊れて、途中まででプレイすることができなくなった第二次スパロボOG。クリアすることなくもうプレイすることはできないのかもと思い続けて数年経っていたけど、引っ越し後に思い切って中古でPS3を買って、一からプレイし直した。資金最大化にして、フル改造からスタートさせたからサクサク進めていけた。

まさか、SRPを集めていってHard状態を続け、真のラスボスと戦い、そしてクリアすることまでできるようになったとは。

そういえば、引き寄せノートに『第二次スパロボOGをもう一度できるようになる』って書いてたなぁって思った。それがこうして実現したよ。

さあ、これで次はPS4のスパロボOG続編『ムーンデュエラーズ』をプレイすることができる。

そもそも、PS4は引っ越ししてからまだ箱から出してない!

スパロボOG関係で、バンダイのプラモHGシリーズでサイバスターがこの前発売されてたし、近いうちにHGシリーズでゲシュペンストも発売されるっていう。ガンダムのプラモでおなじみのHGシリーズでOGの機体が出るって嬉しいね。クオリティも高いし、組み立てもしやすいし。まあ、すぐに売り切れになっちゃうんだけど。

以上、第二次スパロボOG全ステージクリアしたよ! でした。

プレミアムバンダイ

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大