宇宙の仕組みを掴むコツ

宇宙とつながるコツ

『ありがとう、愛してる』を繰り返し言い続けると、宇宙とつながりやすくなる、って言われてますよね。まあドS宇宙のコイケさんもよく言ってます。他にも引き寄せ関係・スピリチュアル関係の人々もよく言います。天国言葉とも言われているのも有名ですね。

なんで『ありがとう、愛してる』を言い続けるといいのか?

何も考えずに言い続けるのでもいいって言われてますけど、実はちゃんとある気持ちを込めて言った方がより効果があったりします。

何も考えずに一日1万回以上とか言うのもまあいいんでしょうけど、ある程度言う意味が分かってくると、気持ちをどこへ向けるべきかも考えた方がいいですね。誰に対して言うべきかが明確になると、その効果は出やすいです。

そもそも『ありがとう、愛してる』を誰に対して言うのか。ここが重要なポイントです。

それは自分に対して、なんですよ。

自分に対して、『ありがとう、愛してる』を言うんです。他の誰かにありがとう、じゃないんです。

生きている自分に『ありがとう、愛してる』なんですよ。他の誰でもなく、自分自身に対してなんです。

自分に感謝するから、自分の宇宙とつながりやすくなる。

そう、『ありがとう、愛してる』を言うのは、自分の奥深くの自分、すなわち自分の宇宙とつながりやすくするための行為なんですよね。

まあ、これはドS宇宙さんのコイケさんの本をよく読めば分かることですが。

さて、宇宙とつながりやすくするというのは、何が目的か分かりますか?

それは宇宙からのヒントを得やすくするためです。

結構ね、『ありがとう、愛してる』などの天国言葉を言い続けても、なかなか人生好転しませんっていう人、多いらしいんですが、それは目的を忘れてるから。

『ありがとう、愛してる』を言い続ける意味は、奥深くの自分すなわち自分の宇宙とつながって、宇宙からのヒントをどんどん得ていくための行為なわけです。

『ありがとう、愛してる』をたくさん言っているのに全然うまくいかないな。不安ばかりが募っていくな。ということもあると思います。

その不安を誤魔化すために『ありがとう、愛してる』を言うようになっていってしまうのです。僕もそうです。

それって、全然意味のないことなんですよね。自分の奥深くの自分には届かなくなってしまうんですよ。

まあ、僕がそうですから、よく分かります。『ありがとう、愛してる』をたくさん言い続けてきたのに、思い返してみれば何年も何もうまくいってない現実に気づく。

愕然としますよ。

でも、それは目的が全く分かってなかったから。そして、不安を無理矢理消そうとするために『ありがとう、愛してる』を言うようになってました。

目的を知ると、『ありがとう、愛してる』を言うことにしっくりきます。

宇宙からのヒント

宇宙へ向けて疑問を投げかけると、ヒントが降りてくるって言いますよね。

僕もたまに宇宙に向けて問いかけをやるんですが、

本とかでは、宇宙へ問いかけたことを忘れても、忘れた頃にヒントがやってくるって言います。

ところが、僕の場合、まったくヒントを受け取れないんですよ。忘れた頃には宇宙へ問いかけたこと自体を忘れてしまって、ヒントってきたっけって気づくことさえ忘れてしまってるありさま。

宇宙とつながりやすくなってると、ヒントが来るのは分かるらしいんですが、

僕の場合、まったくヒントを受け取れない。

だから、間違った行動をしてしまい、悪い方悪い方へ向かっていってしまいます。これは目的地に向かって道を歩いているのに、間違った道を進んでしまって、目的地からどんどん遠ざかっていくのと同じこと。僕、これをよくやってしまいます。知らない場所で、何となくこっちだろうと適当に道を進んで、目的地からどんどん離れていってしまうこと。

コイケさんとかは「ヒントだったっていうのは後から分かるから、どんどん行動すべし」って言うんですけど、悪い方向・間違った方向へ向かい続けていたら、目的地に一生辿り着けずに人生ゲームオーバーになってしまいますからね。

やっぱり、きちんと正しいヒントを受け取って、行動するのが人生好転には大事なんです。やみくもに行動するって言うのは大きな間違いです。「とにかく考えずに行動」なんて言っているのはコイケさんだけで、他の引き寄せ・スピリチュアル関係で成功してる人は言ってませんからね。

まあ、ここだけの話ですが、コイケさんの真似をしていたら成功できない人の方が圧倒的に多いと思われます。よく言われてるんですよ、直感で即行動してうまくいく人は、宇宙のヒント以前にそもそも運の良い人なんだと。運の悪い人が直感で即行動しても、ほぼ確実に失敗してしまうと。

だから、宇宙からのヒントを得ることって言うのは、やっぱりとても大事なんです。

さて、話を戻して、

僕の場合、人生を好転させるため、宇宙に問いかけても、ヒントを受け取ることが全くできませんでした。

でも、ヒントを受け取っている時が別のシチュエーションであったんです。

ちなみに、ヒントとは「ひらめき」のことだったりします。

その「ひらめき」をよく受け取るシチュエーションが、創作活動をしている時。

小説とか作詞とか、そういう創作関係については、僕はよくアイディアがひらめいていたんですね。たとえば浴室でシャワーを浴びている時とか、買い物しに行くとき道を歩いている時とか。あの部分をこうしたら、もっと良い作品になるぞ、とか。行き詰ってた作品の続きをひらめいたりとか。

これも、実は立派な宇宙からのヒントなんです。

創作から離れている状況・客観的になってる状況で、ひらめいてるんです。

人生を好転する宇宙からのヒントも、こうして何気ない時に、「あっ」と降りてくるものだそうなんです。

気づいたこと

『ありがとう、愛してる』を言うこととか、宇宙からのヒントを受け取るコツとか、そういうのを考えてる時に、ふと気づいたことがあったんです。

それは、自分を客観的に見ること。

自分の人生を客観的に捉えること。自分の人生を俯瞰すること。

これこそが宇宙の仕組みのコツなんだと。

またコイケさんの話になりますけど。

ドS宇宙さんとやりとりしてるコイケさんって本の中でイラストとして描かれてるじゃないですか。

ドS宇宙さんがあたかもコイケさんとは別に存在しているかのように描かれてますが、

でも、コイケさん自身は、ドS宇宙さんは自分の中の奥深くの自分との対話だって言っています。

つまり、コイケさんはドS宇宙さん視点から自分を見て、自分と対話してるんです。

つまりつまり、それってどういうことかというと、自分の人生を自分の心身の外側から冷静に見てるってことです。

タロットカードとかで、自分の人生をもう一人の自分が宇宙から見てる、というのがありますが、あれと同じです。宇宙にはもう一人の自分がいて、遠くの星にいるもう一人の自分(今の自分)の人生を見守ってるって言う。

つまり大事なのは、いかに自分の人生を客観的に、少し俯瞰したような位置から見られるか、ということなんです。

自分を主観的に見てしまうと、感情に流されやすいというか、人生が一時の感情に左右されやすいですよね。で、失敗してしまう。

でも、自分の外から・自分を客観的に見られるようになると、自分の行動に対して、冷静にこうした方がいいよって自分にアドバイスしやすくなりますよね。それこそ、RPGとかアクションゲームで主人公を操作する時のように、自分を冷静に正しい方向に動かしやすくなりますよね。

自分を客観的に見るから、変なプライドが邪魔して動けない、なんていうこともなくなっていくわけです。自分にとってマイナスな気持ちを薄めることができるんです。

こういうのって、神視点とも言うんですが。

宇宙とつながるってそういうことなんですよ。その時の一時的な感情に流されないから、先の先を読めて、どう行動したら幸せを掴めるかなってヒントを得やすくなるんです。

これに気づくと、自分の人生、うまくいきやすくなりますよ。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大