合宿免許のメリットとデメリット

スポンサーリンク
横長広告

合宿免許を選ぶ際に

先日、免許を取った記事を二回に分けてアップしたのですが(第一段階第二段階)、

実は金額を考慮して、合宿免許というものもいくつか検討してみました。

大体20万円台と自宅(都内)から教習所に通うよりも大分安く済むんですよね。それでいてうまくいけば短期間で取れる。

運転免許を短期間で取りたいとか、長期休みを利用して免許取得したいと考えている人に人気の合宿免許なんですが、

問題は、自宅から離れた場所で、しかもホテル住まいを送りながら、普段と違う生活サイクルで免許取得がきちんとできるのか心配な人も多いと思います。

「合宿免許に参加したいけど不安」という人は、合宿を行っている教習所の評判についてチェックしてみるのがおすすめです。

今回の記事では、合宿免許の気を付けるべきところや良い評判、悪い評判、口コミや選ぶポイントなどを解説し、評判の高い教習所を紹介します。

合宿免許ならではのポイント

合宿免許で調べていると、教習所によって色々と特徴があります。

立地や環境も影響してきます。地方の閑静な環境下の中で、合宿期間中過ごすことができるのか。首都圏にいる人は特に生活環境が大きく変わってしまうので戸惑うことも多いかと思います。

ただ、一時帰宅ができる教習所や最短で卒業できるように手厚くサポートしてくれる教習所もあります。

立地や環境によっては、教習の合間に観光や温泉を楽しめたり、運動やスポーツを行える教習所もあります。

施設の充実したリゾートホテルに泊まれるリゾート合宿や、専属シェフのいる専用レストランの食事など、評判の良い教習所はオリジナリティ溢れるサービスを用意しています。

なるべく安く免許を取りたい人は、合宿教習所がどういったサポートを用意しているのか調べておいたほうがいいでしょう。

宿泊プランもホテルや旅館にするか、教習所併設の寮にするかなど多岐にわたります。教習所の寮も設備が整っていて、シングル・ツインのほかに相部屋を選択できるため、一人でも友人と一緒でも申し込めます。

一人よりも他の教習生と交流を深めながら運転技術をマスターしていきたい人には特に向いているかもしれません。

反面、一人でコツコツ黙々と運転技術を身に着けていきたい人はストレスを抱えてしまうかもしれませんね。

合宿免許の良い部分

合宿免許の良い部分をあげると、

「地元の教習所に通うよりも合宿でかなり安く教習を受けられる」

「とにかく短期間で免許が取れる」

「全国の色んな場所から来た人と友人になれて良い思い出ができる」

「レストラン併設で、豪華な食事が楽しみ」

「宿泊施設が充実していて、気分良く合宿期間を過ごすことができた」

以上のように、教習内容だけでなく付随するサービスについても評価しているものが多く、教習所選びの参考になるかと思います。

合宿免許の悪い部分

合宿免許の悪い部分は、

「嫌な指導員が担当になると、合宿中ほぼ毎日、顔を合わせるので、ストレスがすごい」

「田舎の教習所だったので周りに遊びに行くところがまったくない。暇な時間は本当にやることがなくて退屈。せめて観光ぐらいはできるところがあったら」

「私以外に合宿している人があまりいませんでした。仲良しグループで来ている人たちも多く、話しかけづらく、結局友達ができないまま合宿が終わりました」

指導員との相性問題はどの教習所でも悩まされることですが、寮や宿泊施設、食事のほか、周囲の環境などは、事前によく調べておきたいものです。ただでさえ教習でストレスを抱えやすいので、人との交流の部分でもストレスを抱えるのは避けたいところです。

合宿免許の落とし穴&最後は結局やる気次第

今はコロナ禍で、時間に余裕ができている人が多く、教習所通いをしようと思っている人が多くなっています。教習所の指導員もいっていましたが、例年よりもかなり繁盛していると。

近場の教習所ではスケジュールに空きがなく、高いお金を払っても免許を取れるまで半年以上かかるなんていうこともよくあるようです。

そこで合宿免許を検討する人も多くなってくると思います。

ただ、合宿免許に参加しようと思っても、どこの教習所がいいか迷うこともあるかと思います。合宿免許でも、一時帰宅しやすいのを考慮するとなるべく近場の方がいいでしょう。あまり遠くの場所を選びすぎて体調を崩した、なんていうことになるとかえって費用がかかってしまいますし、免許取得のスケジュールも大幅に狂ってしまいますからね。途中脱落なんていうことも。

あと、地方で結構重要になってくるのは、季節による気候ですね。夏に参加するのであれば涼しい環境がいいですし、でも、雪が多い地域だと、冬に参加して、毎日寒すぎる、ということにならないように。

そして、合宿免許を紹介しているサイトではあまり語られないことなのですが、

合宿免許はその期間内に項目をきちんきちんと合格していかないと、合宿の期間が延びてしまうということです。

つまり、当初予定していた金額よりも追加料金が発生するということ。更に、合宿の施設に缶詰め、なんていうことにもなるという話も聞いたことがあります。

僕は通学で教習所に行きましたが、なかなか思っていたようには運転できず、不合格になる項目も多くありました。

そうなるとスケジュールが狂ってきてしまうんですよね。

運転がスムーズにできても、学科試験が落ちることだってあるのです。

そういったことも考慮していなければなりません。

まあ、僕は他の人よりも運転がかなり下手だったのは確かなので、スムーズにいく人の方が多いとは思いますが(苦笑。

合宿免許人気ランキング

↑こういうところで調べてみるのがいいですよ。

そもそも自動車教習生活が楽しければ、運転も学科も、うまくいきやすいですからね。加えて短期間で免許が取れてしまえばこれほど嬉しいことはありません。

あと、教習は技能も一項目50分と短いので、自分で復習しなければなりません。

そういう時役に立つのが自動車教習系YouTubeチャンネルです。

教習所YouTuberアルバカさんはかなり参考にしました。色んな動画を何度も観ました。

あとはツキノワプロダクション【月の輪自動車教習所公式チャンネル】

教習人間バタイダーも二段階に進んでからよく観ましたね。

教習所の指導員よりも初心者に優しく、丁寧な教え方をしてくれます。

あと、どちらも観ていて面白いです!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする