値下げ交渉に挑戦

スポンサーリンク
横長広告

家電量販店で値下げ交渉

久しぶりにブログを更新しますが、

先日、大手家電量販店のビックカメラで値下げ交渉というものを初めてやってみました。

ビックカメラはよく利用する店なんですが、これまで値下げ交渉というものを一度もやったことがありませんでした。まあ、これまでそんなに高い商品を買ってきたわけではなかったので。

でも、店内でよく聞きますよね、『他店より1円でも高い場合はご相談ください』って。

前々から大型(これまで20型くらいのテレビしか使ってこなかったので、それ以上且つ4K対応)の液晶テレビを購入したいなと思ったわけです。ちょっとまとまったお金も入ったわけでして。

ただ、値段も10万近くするので、ちょっと迷うわけです。なので、近隣の他の家電量販店でも同じ製品の値段を見てみたんですね。

そしたら、ビックカメラよりも安く売ってる! しかもそこから更にポイント付与もすると。

これは、ビックカメラで交渉できるのでは? と思ったんですね。

初値下げ交渉

値下げ交渉に臨むことなんて初めてのこと。さすがに少し緊張しました。

もともと僕は不安症ですから。

まあ、家電量販店側では値下げ交渉なんて日常的なことなんで、当たり前のことのように尋ねる感覚でいいのかなとも思いましたね。

ただし、1万円くらい値下げしてほしいと思っていたので、そこまで値下げしてくれるかな、という不安はありました。

他店より下げてくれないかな、難しいかな、と色々考えてしまいました。あまりしつこく値下げ交渉するのも良くないと言われてますし。

ちなみに、今回買おうと決めていたテレビがこちら

ちなみに、43型は僕にとってはとても大きいサイズです。これまで最高が32型だったので。普段使っているのでは22型ですからね。

ビックカメラではオンラインでも店舗でも99000円(ヨドバシでも99000円だったはず)。

比較したのが、ノジマとジョーシン。どっちも89000円くらいまで下げてたんですよね。

さて、交渉しに行くぞと意気込んでビックカメラに入店、テレビ売り場へ。

少し他のも見ながら、数分後に意を決して、レジにいる店員さんに声を掛けました。

「気になっているテレビがあるんですが、値下げ交渉をしたいんですけど」

そしたら、メーカーの担当さんを呼んできてくれました。

製品を確認してから、「じゃあ、どこまで値下げできるか確認してきますね」と。

こっちが「このくらいの値段まで下げてほしいんですけど」と言う間もなく、行ってしまいました。

それはそれでありがたい対応だったので、さすが交渉に慣れてるなと思いました。

で、戻ってきた時、開口一番、

「84000くらいまで下げられますね」でした!

ノジマやジョーシンよりも安くしてくれた! しかもポイントもちゃんとつく!

というのも古いテレビの下取りキャンペーンをやっていたこともあり、値下げした価格から更に‐5000円になったようです。

あ、ちなみに、今回、僕は古いテレビを2台引き取ってほしかったので、1台分のリサイクル料金がかかりました。

あ、ノジマとジョーシンは買取キャンペーンとかはやっていなかったはずなので、それも加味してお得になったと思います。

こうして、理想の値段で大型4K液晶テレビを買うことができました!

初の値下げ交渉成功でした!

どうやら値引き交渉する際、店員さんは価格.comで調べて、他店の家電量販店と比較して、これくらい安くできると提示してくれるみたいです。

噂には聞いてましたけど、やっぱり価格.comを自分でも調べておくと交渉しやすいですね。

値下げ交渉って、高い商品の場合は特に、積極的にやった方がいいみたいですね。自信がなければ、ダメもとで聞いてみるという手もありかもしれないです。

おまけ

これで気分が良くなって、ついでに、時計売り場に行って、CASIOのオシアナスも買ってしまいました。

まあ、これも買おうと決めてはいたので。あ、今回買ったテレビと同じくらいの値段です。

CASIOのオシアナスは3つ目です。

良い経験・良い買い物ができた一日でした。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする