幸せと自己満足は違う

スポンサーリンク
横長広告

幸せとは

今日は簡単に

幸せと自己満足は違う

幸せとは、自分が幸せになり、そして周りの人も幸せにしていくことである。未来の世代を幸せにしていくことである。

自分だけが幸せになればいい、というのは幸せではなくただの自己満足なのである。今、この時代に生きている自分たちだけ幸せであればいいというのはただの自己満足にすぎない。

それは幸せとは言わないのだ。

引き寄せ界隈でもよく言われることだけど、

自分が幸せになったら、他の人も幸せになれるよう尽力していこうということ。そうすればより幸せになっていける。

過去の(特に外国の)数々の成功者たちも実は、未来の、つまり僕たちの世代が繁栄するよう、きちんと多大なる寄付や投資をしてきたのだ。そういう行動をしてきたのだ。

親に感謝できない、ということはあったりしても(あっても全然いい)、自分が生まれるきっかけを与えてくれた先祖には感謝できるはずだ。親の考え方と先祖の考え方とはだいぶ違ったりもしていて、先祖の中には自分と似た考え方を持ったりしていた人もいたりするから、逆に遠い先祖の方が親近感がわいたりもすることがある。

先祖は、子孫の僕たちが幸せになることを強く願っていたはずだ。特に昔の、子孫繁栄を大事にしていた時代は。

未来の世代がきちんと幸せになれるよう、僕たちは幸せになり、その幸せをつないでいかなければいけないのだ。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする