ブレインダンプというもの

スポンサーリンク
横長広告

ブレインダンプというもの

最近知った言葉なんですが、

ブレインダンプ。ネガティブ感情を否定して自分の内側に閉じ込めておくのではなく、ネガティブってあってもいいよね、大事だよねと思って、思い切り外に吐き出す行為を言うのだそうな、確か。

どうやってネガティブを外に吐き出すのかというと、紙とかに今感じているネガティブな思いを書いていくのがいいのだという。パソコンなんかのメモ帳やWordなんかに書き出すのも効果はあるらしいけど、書くという行為がかなり効果があると聞きました。

引き寄せなんかではネガティブ感情を抱いてはいけないなんて書かれてあることが多かったりするのだけど(書いていなくても、常に良い感情を保ちましょうみたいなことが書かれてあることが多いんだけど)、ネガティブ感情も大切にして、肯定すると、気持ちが楽になるということ。

自分がいかに苦痛に感じずに引き寄せを実践していくかが大切なので、ネガティブを無理に内に閉じ込めようとするのは、精神衛生的にも良くないということですね。

もちろん、抱えているネガティブを誰かにぶつける行為は良くないけど、紙とかに書いて吐き出すくらいなら自己完結できるからすごくいいんだそうな。

この方法でネガティブ感情に囚われなくなるのならいいのだ。

で、僕もこのブレインダンプというものをやり始めてみたんだけど、

どうにもネガティブに引っ張られてしまう。気持ちもそうだけど身体の方も。

まあ、もともと慢性的なうつ病持ち出し、ネガティブを吐き出す行為がそうそうできるものじゃない。ネガティブ感情に引っ張られて、引きずってしまい、自信を失ってしまうことが多いのだ。いわゆる、自分のした行動が失敗すると、それが簡単にトラウマになってしまうレベル。

失敗するのが当たり前、と潜在意識レベルで思ってしまうのはまずいらしい。なかなか願いが叶わず、同じ失敗を繰り返してしまうそうなのだ。

多分、まだ僕がブレインダンプのやり方をよく理解していないっていうのもあるのかもしれないけど。

この間も、自分の直感に従って思い切った行動に出たのに、変なトラブルに巻き込まれた。

しかも、悪いのは100%向こう。第三者が見ても、悪いのは僕の方ではなく相手側なのだが、

僕の心の中で、どうしても僕も悪いのではないかという気持ちが働いてしまうのだ。

ちなみにそのトラブルが起こったおかげで結果としては、僕の望んでいる形になった。そう、嬉しい結果なのだ。

にもかかわらず、僕の心の中で、なんだか僕が悪いのではないかという気持ちが起きてしまう。

これって完全にネガティブに引っ張られてしまっている。

自分は一切悪くないのに、望んでいる形にもなったのに、自分にも非があったのではないかという悪い癖。

これは、過去に僕が高校時代の頃から『何か嫌なことが起きれば、悪いのは常に自分』という悪い考え癖を自分に植え付けてしまったせい。

この考えを正していかないと、せっかく直感に従って行動しているのに失敗の連続という結果になってしまうらしい。

お金は引き寄せられるようになっても、やりたい仕事と、一番肝心な『理想の彼女と出会って結婚して幸せになる』という人生最大の願いが叶いそうな予兆がまだきてないから。。。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする