処方されてるイリボーの副作用

スポンサーリンク
横長広告

イリボーの副作用

過敏性腸症候群のため、イリボーという薬を処方されているのだけれど、

その副作用で腹部膨満というお腹が突っ張った感じになってしまっているのかもしれない。

イリボーを常用するようになったのは去年の始めあたりからなんだけど、

どうも飲むようになってから、お腹が出てくるようになったというかお腹周りだけに脂肪がつくようになった。

この前の記事で、自粛期間中に運動をしなかったから体重が増えてきたかな、というようなことを書いたけれども、

そういえば、去年、ジムに通っていたころから筋肉がつきつつも脂肪も同時に増えていったという状態になっていた。

そういえば、ジムのトレーナーさんもちょっと不思議がっていた。しっかり運動しているのに、脂肪率が逆に増えていくのはどういうことなのか。

ジムのクランチという器機をよく使って毎回50回とかやっていたんだけども、それでも全く効果がなかった。お腹部分が痩せるどころか日々脂肪が増えていっていたのだ。

じゃあ、食事量が増えていたのかというとそうでも全くなかった。

家でも腹筋運動を毎日やるんだけど、全く効果なし。

何かおかしいと感じて、やっと今日『イリボー 副作用』で調べてみると、便秘になりやすいとか便が硬くなりやすいとか、腹部膨満が起こるというのが出てきた。

便秘になりやすいっていうのは感じていたけど、腹部が突っ張った感じになるっていうのが副作用だとは思わなかったな。年齢のせいとか甘いものを取り過ぎとか思ってたから。それか胃下垂がひどくなっているとか(もともとかなりの胃下垂)。

クリニックの先生は他の薬と併用しても問題ないと言っていて、副作用のことはあまり語ってくれなかったのだけど、こうやって自分でちゃんと調べてみると、常用するのは良くないなと感じた。

便秘などの副作用が起きてるんですと先生に告げても、信じてくれない傾向にあるからなぁ。自分の診断は正しいという変なプライドというか、そういうのを持ってる人だから。

いくら病院で処方される薬で、医師が問題ないよと言っても、絶対に安全だなんて過信しちゃいけないんだなと感じた。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする