海外FXのXMで楽天銀行へ出金してみました

スポンサーリンク
横長広告

XM口座から楽天銀行へ出金

前回記事に引き続き、海外FXのXM口座で増やした資金を一部出金してみました。

自分の口座ページから資金の出金をクリック。

銀行口座に出金する場合、このマーク「Inetrnationnal Write Transfer」の出金ボタンをクリック。

色々と入力するところがありますが、カタカナ名はすでに入力されています。なので、ローマ字で苗字と名前、両方とも頭文字だけ大文字にして入力。

住所も当然英語表記です。たとえば東京都港区だったら、Minato-ku Tokyoですね。

銀行名はスクロールで選べます。楽天銀行だとRAKUTEN BANKと出てきます。

SWIFTコードや英語表記の銀行所在地などは銀行のホームページに載っています。仲介銀行も銀行ホームページに記載されています。

出金額を指定して、手続きを進めたら、

↑のように出て、メールでも出金手続きが成功しましたと送られてきます。

僕はちょうど祝日の今日の朝に手続きを行ったので、きっと明日以降に振り込まれるのだろうなと思っていたら、

なんと祝日の今日のうちに振り込まれてました。

ネット銀行って祝日関係なく振り込まれるんですかね。

手続きしてから1営業日~5日くらいに振り込まれるとあったのでここまでスピーディーなことに驚いてしまいました。

あと、ちゃんと振り込まれるんだということも経験できて安心しました。

海外からの送金手数料も2500円くらいかかるっていうのは聞いていたので、その通りで差し引かれてましたね。

良い経験ができました。

あ、ちなみに、楽天銀行はこれまでほぼ、『ポイントサイトちょびリッチ』で貯めたポイントを換金して入金する口座として使ってました。


その後の話

2万円を出金して、3万円になり、そこからまたボーナスも含めて6万円を超えたんですが、

一気にゼロカットさせてしまいました。

やっぱり損切設定しないと、400倍くらいでのポジションだと、あっという間に溶かしてしまいますね。

「今だ」というところでポジション持っても、どうも逆行することが多くて、FXって難しいって改めて思います。

1万円から増やしていくのもかなり難しいんだなって思います。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする