松屋の豚丼(豚めし)を久しぶりに食べてきた

スポンサーリンク
横長広告

松屋の豚丼(豚めし)は今でも

牛丼チェーン店で豚丼が生み出されたのは、2003年あたりの牛肉BSE問題で外国産の牛肉が取り扱えなくなったため、その代替としてでした。

あの当時、僕も結構吉野家や松屋など牛丼チェーン店はよく利用してました。安くて早くて、店内も利用しやすくて、手持ちのお金が少ない時とかかなり助かるんですよね。

牛丼が扱えなくなり、豚丼に変わっても、食べに行ってました。どちらにしろ安かったですからね。

あの当時は貯金もほとんどなく生活費・食費とかにとにかく困ってましたからね。うつ病でなかなかアルバイトなどもできず。

うつ病が少し改善方向にいって、2005年から専門学校に通ってたんですが、その頃も牛丼チェーン店はよく利用してましたからね。

味付け的には牛丼より豚丼の方が好きだったかもしれない。さっぱりした感じがして。特に松屋の味付けのは。あ、松屋では正式名称は『豚めし』でしたね。

でも、海外の牛肉が扱えるようになって牛丼が復活し、豚丼は徐々に扱われなくなっていきました。

そういえば、知らず知らずのうちに、豚丼って食べなくなっていて、今どうなってるのかなって感じでしたからね。

でも、牛丼より安いですし、まだどこかの牛丼チェーン店では扱ってるものとばかり思ってました。吉野家はなくなっていたのは知ってましたが、松屋なんかは定番メニューとしてどの店舗にもあるものとばかり思ってましたよ。

で、最近、豚丼がいよいよ販売終了になるらしいとの記事をネットで見て、豚丼ってなくなるんだと驚きました。

松屋も多くの店舗で販売終了していたんですね。

池袋サンシャイン通りの松屋だけで食べられる

松屋も豚めしの販売を終了してたんですが、

唯一、池袋サンシャイン通り(東急ハンズの向かい)の松屋では扱っているとのことで、

食べてきましたよ。

上の写真はGoogleマップのですが、2F限定で豚めしが食べられます。実際は、看板に豚めしありますって出てますからね。

しかも、ちょうど割引をしている時期らしく、なんと290円で食べられました(普段は320円とのこと)。

すごいね、やっぱり牛丼より安い! と思ってしまいました。

豚めし・豚丼を食べたのはかなり久しぶりでしたが、懐かしい味付けでした。ゴマが入っていて香ばしさもほのかにあるんですよね。それにお米とも合う。七味を入れると更に美味しかったです。

豚丼、なくなってほしくないですね。

吉野家とかは牛丼が値上げして380円とかになってますけど、

300円前後で食べられるのはお財布にも助かります。

まあ、チェーン店でもとある店舗だけで食べられる、というのもレア感はあっていいとも思いますけどね。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする