げん玉で初換金。ちょびリッチとの換金率比較。

スポンサーリンク
横長広告

ポイントサイトげん玉で初換金

今年登録したポイントサイト『げん玉』でようやく3000PT溜まったので、楽天銀行宛てに換金しました。

げん玉でポイントを換金するには、まずリアルワールドというサイトでリアルペイというものにポイント移行しなくてはいけないのですよね。

それを行った後で、ようやく現金や電子マネーに交換することができます。

このリアルペイに移行するのに数日かかりました。この部分は少し面倒なところですかね。

交換先は豊富ですね。

げん玉は最低3000ptから現金などに交換できるようになるのですが、

ぼくはげん玉ではゲームでしかポイントを集めていかなかったので、3000pt貯めるのに半年くらいかかりました。

3000ptが300円相当にあたります。楽天銀行に換金したので、振り込まれたのはなので300円でした。

半年かかって300円かぁ、と思ってしまいました。

もりもり選手権はポイント稼ぎやすいし、げん玉鉄道とかビンゴなどは楽しかったんですけどね、ゲームとかではなかなか上位にはなれないので大量のポイントは稼げず、3000ptで300円って少ない感じがしましたね。

通販とかオンライン広告サービスとか積極的に利用すればポイントはどんどん貯まっていくんでしょうが。

ちなみに、ここで比較してしまうのが『ちょびリッチ』というポイントサイト。

ポイントサイトちょびリッチ

ぼくはちょびリッチを利用していて10年以上経ちます。

昔はゲームが豊富で、ゲームで大量にポイント獲得のチャンスがあったんですが、今は大量ポイント獲得のチャンスはほぼビンゴのみしかなく、ゲームでのポイント稼ぎは難しくなってしまいました。

ただ、頻繁にメールで送られてくるアンケートではかなりポイントを稼げるようになっています。アンケートをやっていると、いつのまにかこんなに貯まってる! っていう感覚になります。それくらい大量にポイントをもらえるアンケートもあります。

ちなみに、ちょびリッチは1000pt貯まると500円相当に交換することができます。

で、ちょびリッチでは大体3か月に一度の間隔で1000pt貯めることができて、現金500円に交換していっています。

げん玉に比べてかなり換金率がいいんですよね。

げん玉の評判の良さは聞いていたんですが、ポイントはたくさん貯められても換金率がちょっと悪いですね。

総括

結局、げん玉にしろちょびリッチにしろ、通販やオンライン広告サービスを積極的に利用していった方がポイントは大量に貯まっていくので、そういう使い方をした方が換金率はいいですよね。

ゲームや日々のクリックポイントだけでポイントを貯めていくと交換まで時間がかかってしまいます。しかも少額。

通販やオンライン広告サービスを日頃よく利用していて、もっとお得に割引感覚で使いたいという方は、ポイントサイトを使った方が絶対料金がお得になったりしますので、おすすめです!


スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする