舞台『銀河鉄道999』観てきました!

スポンサーリンク
横長広告

初、舞台鑑賞!

久しぶりの記事です。

先日、25日に明治座で行われた舞台『銀河鉄道999 さよならメーテル~僕の永遠』を観に行ってきましたよ。

この舞台にAqoursキャストの一人・伊波杏樹さんがメーテル役(Wキャスト)で出演するということで興味を持って行ってみたんですね。

そういえば『銀河鉄道999』は去年の初夏に福井の敦賀に行って、そこで数々のモニュメントを観て、レンタルでアニメを全話観てみようと思ったんですよね。メーテルの謎・正体を知ってみたかったのです。そして、アニメ全話観たと同時に、目黒シネマで劇場版2作品も観たのでした。

もう、すっかりメーテルの魅力に惹かれてたんですね。

で、10月の末には六本木にあるサントリーホールでのシンフォニックコンサートも聴きに行ったほどでしたし。

そして、その時に知ったのが、舞台『銀河鉄道999』のメーテル役で出演するのが伊波杏樹さんと知って、これは舞台も観に行ってみようかな、と。

というのも、Aqoursで見てきている少し男っぽい元気さを持っているあんちゃんと、しっとり美しいまさに淑女たるメーテルがどうにもリンクしなくて、かえってどう演じるんだろうって興味を惹かれたんですね。

チケットはS席12000円。高かったんですが、初めて舞台を観に行くわけだし、間近で役者さんを観てみたいと思って奮発してS席を購入しました。

席は前列の方の真ん中あたり。すごく良い席でした。

楽しみに待って、そして当日です。

明治座というのにも来るのが初めてでしたね(まあ舞台自体が初めてだったので)。浜町駅や人形町駅から徒歩で行けます。人形町は過去に建設会社で働いていた頃に通ってましたね。甘酒横丁もある場所です。安産祈願で有名な水天宮も近いんですよね。

行く前にGoogleMapで駅からどうやって行くのかもしっかり調べたりしましたよ。人形町駅ってちょっと方向感覚が分からなくなりそうな道の作りになっているので(十字路が多いのです)。

やっぱりあんちゃんこと伊波さんを観たくて来ている人も結構いましたね。ちなみに、この日の昼公演はアフタートークもある回でした。

開演

13:00になり、開演されたんですが、

本当に役者さんが近い! 目が合うのを感じられるくらい。

音楽劇なので、歌も満載です。

鉄郎役の主演:中川晃教さんの演技も良かったですね。鉄郎らしい明るさと前向きさ勇猛果敢さがよく出ていました。それに、他の役者さんの演技も迫力があってすごかったです。プロメシウム役の松下由樹さんとかテレビドラマでよく観てましたからね。ファンでなくても生で観られるというのもなかなか感動モノでした。

伊波さんが演じるメーテルが出てきた時も感動しましたね。Aqoursのライブは東京ドームで観に行ったんですが、その時は一番上の階の一番後ろの席だったので、生では容貌をとらえられない状態だったので(結局ほぼモニター越し)。Aqoursのライブは映画館でのライブビューイングもよく観に行っていたんですが、今回やっぱり生で(しかも間近で)観られるのって違うなって思いました。

びっくりしたのは、声がいつものあんちゃんとは結構違っていたこと。まさにしっとりとしていて、仕草もメーテルをしっかり感じられるくらい淑やかなものになってました。むしろ今まで観てきたあんちゃんを感じられることの方が少なかった気がします。それくらいメーテルになってました。

伊波さんってこういう演技もできる人なんだなぁ、と驚かされました。

それでいて、アフタートークで出てきて話すあんちゃんはいつもの馴染みある感じに戻ってましたし。

舞台も色々な凝った演出で銀河を感じられました。ああいう舞台で銀河をちゃんと作り出すってすごいな、と。銀河鉄道999のストーリーも堪能できました。

ちなみに、途中で30分の休憩が入りました。落語とかでも15分の休憩とかあったりするのですが、長時間になるとこういう休憩が入るのはありがたいですね。トイレも混んでいたものの余裕を持って入ることができましたし。

以上、舞台『銀河鉄道999 さよならメーテル~僕の永遠』を観に行った感想でした。

そういえば、この日はAqoursキャストの諏訪ななかさんと降幡愛さんも観に来られていたそうです。僕は一階席の前列の真ん中という良い席だったので、実は結構近くにいたのかも、なんて思ったり(どのあたりにいたとかは全然知りませんけどね^^ 実は隣にいたとか……なわけはないでしょうが)。

こういう生の舞台を観て、思ったこと

役者さんを間近で観られるのは嬉しいことなんですが、なんか目が合っている気がすると、なんとなく気まずい思いがして、目をそらしてしまいますね。どの役者さんの顔も直視できませんでした。

ここはもう自分のネガティブな性格のせいですね。

役者さんがそもそも僕だけと目を合わせることがあるはずがなく、観客全体を観ているはずなので、何も気にせず・遠慮せずに役者さんの顔を思う存分直視すればいいと思うんですが、なんかやっぱり気恥ずかしいというか、気まずいというか、直視できませんでした。

モニター越しだと直視できるのにね(^^;

でも、間近で観られるというのは本当に満足感が違いますね。高いチケット代を払っただけの価値があるって思えました。

そうそう、去年の夏に、これもAqoursキャストの小宮有紗さんの朗読劇を観に行ったことがあったんですが、その時は二階(一番上の階)の最後列あたりの席で、前の人の背中に阻まれて肝心の小宮さんが全く観えないという状態があったので、やっぱり目当ての役者さんを間近で観られるってすごく重要・幸せなことなんだなと感じました。

引き寄せの成功

『銀河鉄道999』、去年からしっかり引き寄せてますね。敦賀旅行からレンタルアニメを観ようと思って、そしてベストなタイミングで目黒シネマでの劇場版上映、そして翌月のシンフォニックコンサート、更には舞台です。

引き寄せたのは、『銀河鉄道999』だけではありません。Aqoursキャストもです。ライブビューイングもよく行きましたし、東京ドームライブも行けましたし、そして『銀河鉄道999』で伊波さん出演。

銀河鉄道999とAqoursを引き寄せてきた結果、ついに一つに合わさったという感じでした。ちゃんと僕、引き寄せできているんだなぁ、と感じた瞬間でもありましたね。

これから別の願いも引き寄せを成功させて、どんどん叶えていきたいですね。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする