執着した方が願いが叶うかもしれない!

スポンサーリンク
横長広告

うつ病の人は、執着した方が願いが叶うかもしれない

逆転の発想です。

引き寄せをしてもなかなか願いが叶わないなぁ、と思うことが多くないですか。

宇宙にオーダーして、執着をなくして、幸せの流れにおまかせしておけば、勝手に願いが叶っていく。

そんなふうに思って、引き寄せを行っていないですか。それで願いに向けての行動も何も起こさない。

それで願いが勝手に叶っていく人もいるようですが、うまくいかない人もいる。

いつまで経っても、いつまで待っても、願いはちっとも叶わない。引き寄せの法則で自分にベストなこと・ものをオーダーして、宇宙におまかせして、でも、待っても待っても願いは叶わなくて、気づいたら数年経ってた、なんてこと、あったりしますよね。

たぶん、それ、間違ってるんですよ。

執着した方が願いが叶う。

ぼくの場合、これを叶えたいと思い立って、行動して、その行動に必死に執着して、執着したら願いが叶ったってことがとにかく多いのです。

執着を手放して、まあいいかの半ばあきらめの気持ちでいたら、オーダーした願いの叶わない、何の経験もできない無駄ともいえる人生が続いてしまっていたのです。何もかもあきらめたような人生になってしまっていたのです。

とにかくその願いが叶うまであきらめない。その願いに向けて行動し続ける。そうしたら願いが叶ったっていう人、ぼくの他にもいるんじゃないですか?

あきらめずにずっと続けていたら夢が叶ったっていうのも結構聞く話ですし、恋愛とかでも、理想の恋人探しをあきらめずにしてたら出会えたっていう人もいますし。タイプの人を見つけて、何度かアプローチしたら付き合えるようになったとか。特に恋愛に対して臆病な人ほど、あきらめない気持ちを持ったらうまくいったっていう話も聞きます。

仕事も、辞めたい辞めたいと思い続けても、思い続けてたって辞めることなんてできません。辞めますって行動に出ないと(メールとか直接口頭で上司に伝えるとか)。

そこでほぼ引き留められるんですが(会社としてはせっかく入れた人材だから辞められると困るから)、絶対に辞めるっていう執着心を持っていないと辞められないですよね。辞めることに執着しますよね。そしたら本当に辞められて、あー、よかったってなりますよね。

特に、もしかしたら、一般の人はどうか知らないですけど、うつ病の人とかニートの人とかって、行動を起こすこと、すごくゆううつに感じるじゃないですか。気持ちがすごく重たいというか。これをやる! と決めたとしても、実際に行動に移すまでにはすごく時間がかかってしまったりする。

なので、必死に執着するんです。他の人よりも願いに向けての行動に執着する。そうしたら願いが叶っていくんです。

まとめ

一般には、執着するとそればかりに気持ちがいって、手に入れられないと不安になって、手に入らないんじゃないかと不安になって、満たされた生活を送っているのに『ないない』という状態しか考えられなくなるっていうネガティブな要素になるんでしょうけど、

うつ病の場合は、執着した方がいいんでしょうね。執着するとそれに気持ちが集中して、行動しようという気持ちが強くなる。これまでの人生で色々と『ない』ことが当たり前であきらめばかりを感じてきたけど、執着すると手に入れられるかもしれない、というポジティブな要素が働いて、気持ちが良い意味で上向く。自分でも満たされた生活が送れるかもしれないという希望が湧く。

それでたとえ願いが叶わなくても、宇宙がそれを得られても自分にとってベストにはならないんですよって教えてくれてるということ。

それでも行動できたっていう自信にはなる。次につながるんです。

うつ病の人には、とにかく、次につながる行動、というのが大事ですからね。少しずつできることを増やしていって、少しずつ前に進む。少しずつプラスを増やしていく。

行動には執着する、結果には執着しない。

やっぱり逆転の発想で、執着した方が願いが叶うっていうタイプの人もいるのかもですね。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする