短時間で結果が出る『こうして、思考は現実になる』を実践してみた

スポンサーリンク
横長広告

『こうして、思考は現実になる』のFP(フィールド オブ ポテンシャリティ)を実践してみた。

『こうして、思考は現実になる』(パム・グラウト著)の日本での初出版は2014年。そんなに昔でもないのだなぁ、と思った。今なお読まれ続けている大ベストセラー!

そんな有名な本を自分でも読んでみたい、と思って購入してみました。

そこに書かれてある九つの実験が、FPが存在する明確な証拠を体験するというもの。

しかも、注目ポイントは、これは『知る』ための引き寄せ本ではなく、『体験する』ための引き寄せ本とあるように、願ってから48時間以内に起こるというもの。短期間で結果が現れる、と。これは引き寄せの法則系の中でも特にすごいかも。

よし、やってみよう、ということで、さっそく、FPへのお願いをノートに書いてみましたよ。

第一の実験『宇宙のエネルギーの法則』

『思考は現実化する。FPが存在するって聞いたけど、本当に存在するのか分からないし、確かめてみたい。
48時間、時間を上げるから、その間に存在する証拠を見せてほしい!
偶然では片づけられないような、明確で確実な、素敵な証拠をちょうだいね!』

と、こう。

さて、このお願いをしてから、PCのソーシャルゲームで10連ガチャを引いたら、最高レアのキャラが出ました。特に欲しいキャラではなかったけど(欲しいキャラは別にいたけど、出てこなかった)。

これもFPの力なのかな。でも、あまりそんな気はしませんでした。最高レアはいいと思うけど、欲しかったキャラではなかったからです。実際、他のガチャでは結構失敗もしてる。というか、いきなり試してみるのがソーシャルゲームのガチャか。。。(笑

また、この48時間の間に、スクフェスACでは、HR絢瀬絵里(メイド・イン・ワンダーランド)メンバーカードを手に入れられたり、スクフェスACオリジナルNESiCAストラップキャンペーンVol2(3年生)で、絵里ちゃんをゲットしたりしましたが(この実験をしたのが2018年の9月)、

これも、自分でお金を払ってのこと。HRメンバーカードは出すのにそれだけで600円くらい使いましたし、NESiCAストラップ絵里ちゃんも今月の一週目くらいからこつこつスクフェスACプレイして、30クレジット達成して、ようやくゲットに至ったのです。

つまり、この絵里ちゃん関係は、以前からの行動・引き寄せを自分でお金を出して起こしたということで、FPの力とは全く言えないのです。

FPの実験はお金を払わずに、素敵な証拠が舞い込んでくるというもの。

そして、特に何事もなく、48時間が経とうとしていたところ。

もうFPのお願いなんて叶わなかったんだな~、と思っていた頃、

本当にギリギリのところでそれは現れました。

新聞が無料で配達されてました! しかもちゃんとした大手の。

よく、幸運が投げ込まれた、という表現を聞きますけど、まさに無料のものが投げ込まれてた。

まったく予期していなかったものでした。

うちは新聞なんてとってませんし、こういう無料で配達、なんていうことも10年に一度くらいなんじゃないだろうか、と思いました。インターホンも鳴らなかったので、新聞の勧誘というわけでもなく(その後も勧誘が来ることはなく)。

そして、これがFPの力かもしれないと直感的に思ったのは、最近ずっと『ある郵便物』がこないかと思って、郵便受けを毎日気にしていたのです。

FPにお願いするときも、そうした郵便物をどことなく連想しながらしていたし。

自分がすごく望んでいた素敵なもの、ではなかったのだけど、FPの力を実感できた、と思えました。

第二の実験は、フォルクスワーゲン・ジェッタの法則

どういう実験なのかというと、自分はFPに影響を与え、自分の思い込みや期待に沿ったものをFPから引き寄せる。つまり、これを見ると決めたものが48時間以内に本当に見られるようになるというもの。

実験内容は、特定の色の車を二十四時間の間に見ると決める。本では緑の車もしくは黄色の車とあるけれど、ぼくは水色の車にしてみた。青ではなく水色。水色の車もそうそう見られることはないからだ。

ところが、いざ意識して外を歩いてみると、水色の車というのは数台見かけられた。一台だけでも見られることなんてないかなと思っていたのだけれど、数台だ。びっくりした。

そして後半の二十四時間の間にある特定の色の蝶を見つけると宣言するとある。

車はまあたくさん走っているから、見つけることもできるだろうなと思ったけれど、蝶はさすがに難しいかなと思った。青色の蝶を見つける、と宣言したものの、なかなか見つけられない。蝶自体見かけない。これは無理かなと思っていたら、ゲームの中で見かけることができた。

そういえばこの実験をしている人はネットでも結構いるのだけれど、なにも本物の蝶でなくてもいいのだ、ということを目にしていた。そう、だから、ゲームの中で青い蝶を見かけた、というのもありなのです。

この実験で言いたいことは、自分の意識したものは探せば見つけられるというもの。普段は意識せず過ごしていて、見たいもの、幸せを見過ごしてしまっているということ。でも、意識すれば幸せはいくつもあるということ。

エンジェルナンバーの引き寄せ

この実験をしてから、別のものを探すようになりました。

それがラッキーナンバー・エンジェルナンバーというもの。ゾロ目などの数字ですね。エンジェルナンバーはゾロ目とは決まっていないんですが、自分はこの数字に惹かれるというものがあればそれでもいい。たとえば自分の誕生日だとか。

車のナンバープレートとかでゾロ目の数字を見つけることってそんなにないだろうと思っていたのだけれど、走っている車に目を向けてみると、888とか777とか目にすることができる。しかも、調子のいい時は、二台とか三台とか立て続けに見られることもある。他のゾロ目ナンバーもそう。

意識すると本当に見られるようになる。こんなにゾロ目を見られるのかって思う日もあるくらい。

また、エンジェルナンバーを見ることは、引き寄せ・宇宙へのオーダーがうまくいっていますよ、という合図だったりするらしいので、うまくいっているんだなぁ、と素直に喜ぶことが大事なのだとか。

これは、FPをもっと詳しく知っていくと、結構理想のものを引き寄せられそうですね。

エンジェルナンバーを詳しく知りたい方はこちらを。『リリーのエンジェルナンバー』というサイトに飛びます。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする