プラスのことだけを考えて、引き寄せで恋愛を成功させる方法

スポンサーリンク
横長広告

誰もがこんなあなたを好きにならずにはいられない。

プラスのことだけを考えると、愛を引き寄せる方法

ダイア―博士の『9日間“プラスのこと”だけ考えると、人生が変わる』には、もちろん愛の引き寄せについても書かれてあります。

引き寄せで恋愛を成功させたいと思っている時

引き寄せで恋愛を成功させたいと思っている人は本当に多いと思います。まあ、自分も含めてね。

愛を求めて幸せを感じたいと思っているのならば、自分の外側から愛を要求したり、探しても叶えられるものではない、ということ。

そう、外に向けて必死に探していても、愛は見つけられない、と言うのです!

「愛にあふれた者のみが愛を見つける。彼らは愛を探す必要がない」

これは、イギリスの小説家D・H・ローレンスの言葉

「愛のないものに愛を見つけることはできない」

ということも言っています。

自分には愛が不足しているから自分の外から愛を探す。この行為を行っていると「足りないもの」に焦点を当ててしまって、「足りない、足りない」という状況ばかりを引き寄せてしまいます。いつもそこにない愛のことばかり考えてしまいます。

不足感から引き寄せを行おうとしても、それは『足りないという状況』ばかりを引き寄せてしまうだけ、というのはよく耳にしますよね。

周りに対して自分は愛をあまり受け取っていないと不足ばかりを感じるようになってしまうと、他人や世間のせいにしてしまう。「毎日、家と職場の往復で出会いがありません」と嘆いてばかりいるのもまさにこれと同じこと。

愛のないものは自分が愛そのものであることに気づきません。そして求めている愛に自分は値しないと信じてしまって、出会いを逃してしまいます。

出会いの機会を持てたとしても、自分は愛を受け取る価値のないという証拠を引き寄せてしまい、出会いを逃してしまう。出会いを求めているのに、理想の人を目にしてもアプローチが取れないって、よくあることです。

引き寄せで大事なこと、願いをしっかり受け取ります! ということですね。

愛を求めるのならば、愛を外に向けて探すサーチライトを消して、自分はすでに十分な愛を受け取っていると感じてみましょう。

「自分はもう〇〇で満たされています」と宣言するのです。

理想のパートナーをイメージして、その人の特徴、尊敬できる部分・好きな部分で満たされています、と宣言するのです。

自分はすでに生まれた時から愛そのもの。自分自身が愛の源であるから、外に向けて愛を求めるのはおかしなこと。愛に満ちていることは、あなたの自然な状態なのです。

サーチライトを消して、愛を探すことはやめましょう。

「もう自分はすでに満たされている」と感じるのです。満たされていると感じたら、その波動に合わせて愛が引き寄せられてきます。

と、このようにダイア―博士は言っています。

見返りを認めないと、人生に変化が起こる。

あなたの思いやりをいつでもどこへでもできる限り外へ広げていくこと。

あなたは愛そのものなので、愛があなたの中にあるのに、それが分からなくなっているから外に愛を求めて虚しさを感じてしまう。

虚しさというものは、あなたが心を開いて愛を外に広げた時に初めて満たされるもの。自分自身で満たしていくものなのです。

自分の中に愛を求めて愛を発見してください。自分の中にこそ愛が溢れるほどあることに気づいてください。

その愛を人に与えれば、与えたその愛がたくさん引き寄せられてきます。

自分自身に向けて愛を満たすアファメーションがあります。

「聖なる精霊よ、私を導いてください」という短い言葉を言うこと。あなたと愛とを一つにする言葉で、あなたは自分の愛をただ自分に与えていればいいのです。

※この「聖なる精霊」というのはやっぱり宗教が盛んなアメリカらしくて、日本人にはしっくりこない言葉だと思うので、自分で馴染みのあるものに変えていいと思います。単に、漠然でも「神様」と、神社に行った時のようにお願いするみたいな感じで。

「神様、私を導いてください」良縁の神様をイメージして言うとより効果的かもしれませんね。

こういう言葉なら違和感なく何度でも言えそうですね。これを言うだけで自分の中で愛が溢れてくると言うのです。そして自分の中に愛が溢れれば恋愛は成功する、と。

あなたが憎しみを放てば憎しみを受け取ってしまう。あなたが愛を放てば、あなたの人生には愛がどんどん流れ込んでくる。

以上、『9日間“プラスのこと”だけ考えると、人生が変わる』に書かれてあった愛を引き寄せる方法でした。

皆さん、良い出会いに恵まれますように!


QVCジャパン

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする