うつ病でシフト制の仕事に就くと大変

スポンサーリンク
横長広告

東京タワーが見える職場から次にやった仕事は、シフト制の仕事だった。

シフト制の仕事は今までにしたことがなかったけれど、職場は自宅最寄駅から3駅目だし、基本週4で入るという契約にしたので、心身ともに負担は少なそうに思えた。

ちなみに、お中元に関する仕事だった。データ入力と電話確認業務だ。電話対応の業務というのはすごく苦手で避けてきたけれど、挨拶から始まる丁寧なマニュアルがあったのでやりやすかった。こういう経験があったので、のちのち他社の業務で電話対応があっても少しずつ慣れてきている気がする。

そこも女性が多い職場だったけれど、同じ派遣社員はみんな落ち着いた雰囲気だったし、男性の正社員も結構いて近くで指導してくれて居心地の悪さを感じることはなかった。繁忙期でなんとなく女性社員はぴりぴりしていたけれど。

ぼくはちょうど12時半あたりに出社するシフトにあてられた(いわゆる遅番)。なので、朝早く起きる必要はなく、遅刻してはいけないというプレッシャーはなかった。

問題は、いつ昼ご飯を食べるのかということだった。遅番でも昼休憩は与えられる。きちんと一時間。大体14時半か15時くらいから。だから、食事をするのがその時間になる。

朝はゆっくりしていられるため、朝ご飯を遅くとって、昼ご飯を昼休憩の時に食べたり、または、出社する前11時くらいに軽くインスタントラーメン・インスタント焼きそばを食べて、かつ、昼休憩時にも惣菜パンを一つくらい食べるか、という日もあった。

13時から始業なので、もちろん帰りも遅くなる。退社時は大体22時くらいだ(残業含め)。

まさか遅番に割り当てられるとは思っていなかったので、ここも誤算だったし、何よりも誤算だったのは、基本週4で入るはずだったのに、6勤1休が入ってから二週間も続いたことだった。

心身ともに負担のない仕事だと思ったのに、全く逆だった。とにかく過酷だった。

この日は休みたいという希望は事前に出せるのだけれど、出勤スケジュールを決めるのはそこの部長だった。それに繁忙期ということもあったので、6勤1休という事態になってしまったのだ。遅番に入れる人が少なかったのも、出勤数が増えた要因だった。

生活バランスがものすごく乱れた。

今まではなるべく規則正しい生活を送っていた。家では食事をするのも、ほぼ時間を決めていたし、寝る時間や起きる時間もほぼ決まっていた。その方が精神的にも良かったからだ。

ところがこの仕事で遅番に入ってから、生活リズムが大きく乱れることとなった。

前日に深夜の1時とか1時半あたりに寝ても、朝はいつものように早く起きてしまう。大体6時から8時の間(深夜遅く寝ると、どんなに睡眠時間が7時間以上でも翌日は体が不調になる)。

朝ご飯はできるだけ10時半くらいにとる(軽くパンを)。

出社して、15時くらいに昼ご飯を食べる(どの職場でもそうなのだけど、過敏性腸症候群のため、食事をする前に必ずトイレに行った)。

退社時間は22時以降なので、家に帰るのは23時近く(もしくは以降)になる。シャワーを浴びて、そこでやっと夜ご飯。普段(この仕事をする前まで)は20時半とか21時に晩御飯を食べていた。なので23時以降というのはかなり遅い食事だ。

でも、睡眠障害も抱えているので、寝る時間はあまり遅くできなかった。

しかもこれが毎日続く。繁忙期ということで、4勤3休でもない。6勤1休や5勤2休だ。

また、遅番だと社内で外の様子が分かりづらく、その点でも圧迫感を感じた(窓はシャッターが閉まっているので、外の様子が全く分からない)。昼間の陽の光を感じるというのは精神の健康にはやはりかなり重要なことなのだ。

それにスマホなども持ち込めなかったし、外部の情報がとにかく得られにくい。隔離されたような気分になってしまっていた。

また、ぼくの場合は特に、退社時が21時以降などかなり遅い時間になると焦りが湧くのだった。しかもそれが連夜だ。

生活バランスが崩れると、疲労感が増したし、精神的にも参りやすくなってしまった。

とにかくシフト制は全く楽ではなかった。土日も関係なく出勤の会社だったため曜日感覚も狂ってしまった。また、ちょうど真夏の時期にも当たったため、その部分でも体力がもっていかれた。

23時以降に晩御飯を食べて1時くらいに寝るという習慣も良くなかった。まさに食事して寝るためだけに家に戻ってくるみたいな生活になってしまっていたからだ。朝はゆっくりできても仕事に行くという緊張感があるのでリラックスはできない。

ぼくの場合、仕事をしていても、家に帰ってきたら、執筆活動をしたい。執筆活動にいつも1時間程度は欲しい。テレビも観たいし、ゲームもちょっとしたいし、ネットも確認したい。そうすることで精神に安定をもたらすのだ。昔から会社勤めするためだけに生きている、という気持ちにはなりたくなかった。人生を無駄にしている気がしてしまい、追い詰められる心境になってしまうのだ(なのでどこの職場でも残業はほぼできない体質なのだ)。

今回のこの職場では執筆活動もほぼできない生活となってしまった。

短期契約ではあったけれども、諸々の要因で精神的にかなり追い詰められ、うつ病も悪化してしまった。早く終わってほしい、そればかりを考えて仕事をしていた。毎日が虚しく、死にたいという思いもよく湧いていたように思う。

当然、業務にも支障が出てくる。そこまで難しくはない業務だったけれど、隔離されているような気分を感じて、常に体が緊張と不安に支配され、失敗しはしないかとネガティブなことばかりを考えてしまっていた。社員(みんないつもぴりぴりしている)に叱られはしないかとか。叱られなくとも責められているような気はいつもしていた(何か新しい業務を教えられてもなかなか覚えられなかったりもした)。電話応対もいつも小刻みに震えていた。冷や汗も出ていた。

まとめ

うつ病にとって、シフト制の仕事は生活バランスを乱しやすく、おすすめできない。早番遅番と別れていたり、夜遅く帰るような仕事(プライベートで余裕が持てない仕事)は感覚が乱れて、うつ病が悪化しやすくなる。

たった二ヶ月の仕事だったにもかかわらず、任期満了して解放された時は本当にほっとしてしまった。

シフト制の仕事をする場合、なるべく曜日を固定できて、かつ連休が取れるような出勤スケジュールにした方がいい。あと昼夜逆転するようなのは精神的にかなりの負担となるので避けた方がいい。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする