2in1ノートパソコンのおすすめ

スポンサーリンク
横長広告

去年、LAVIE Hybrid ZEROのHZ550/LAシリーズ(Intel第8世代 Core™ i5)を購入しましたが、

購入する際に、比較サイトとかで色々調べてみました。

そもそも2in1ノートパソコンというものは使い勝手としてどうなんだろう、と。

2in1というノートパソコンは、ディスプレイ部分がくるっと360度回って、ノートパソコンのようにもタブレットのようにも使えるのです。まさに一台二役。

ノートパソコンを買うなら当然外出先で使いたいなぁ、と思っていました。なのでなるべく軽めのモバイルノートというもの。

でも、画面は見やすいものがいい。基本的にWordを使いたかったので。11インチ以下のモバイルノートだと文字が小さすぎて目に負担がかかる気がしたのです。13インチの画面サイズが理想的だと思いました。

まずはNECの2in1ノートパソコンのLAVIE Hybrid ZERO。世界最軽量(i5/i7モデルは約831g)で、カバンに入れて持ち歩くことも全く苦になりません。13.3型ワイド液晶なのに、指先で挟んだだけでも持ち上げられる驚愕の軽さ。

ただ、NECと比較検討に出てきたのは、hpのSpectre x360 13とDELLのXPS 13 2-in-1でした。

三社とも有名だし、僕が派遣で働いてきた多くの企業でhpやDELLのパソコンを使っているところが多かったのです。どこも信頼性が高いんだなぁ、と。

hpとDELLはゲーミングパソコンも出しているし、高いスペックのデスクトップを購入するにも候補に挙がります。

最終的にはNECのLAVIE Hybrid ZEROとhpのSpectre x360 13に絞りました。

LAVIE Hybrid ZEROは比較検討する前から家電量販店でよく見ていて欲しいと思っていたのですが、Spectre x360 13を家電量販店で実際に見た時、すごくデザイン性が優れていて魅力的に映りました。新幹線の車内で使っているビジネスマンを見たこともありますが、やはりオシャレな感じがしました。

重さで検討した時には、やはりLAVIE Hybrid ZEROの軽さには衝撃を受けました。LAVIE Hybrid ZEROのi5/i7モデルは約831g。

Spectre x360 13は大きさは同じでも重さを感じたのです。ちなみに約1.32kg (と言っても、他の15インチ以上のノートパソコンに比べれば全然軽いです)。またDELLのXPS13は1.24 kgです。

あと、Spectre x360 13はMPP(Microsoft Pen Protocol)対応のペンが付属していて、手書き入力もできるところが特徴です。LAVIE Hybrid ZEROは残念ながらタッチペンには対応していません。

少し安めにしようとするとDELLのXPS13も候補にまた入ってきてしまいます。ワコムのアクティブペンにも対応しているのもポイントです。

ペンを使いたいかどうかでも、どのパソコンを選ぶかが変わってきます。イラストを外出先でも描きたいという方にはペンが使えるととても便利です(しかもタブレットモードで)。

あと気をつけたいのは、USBの数や、USBタイプです。Type-Cポートがあるかないかでも選び方が変わってくると思います。LAVIE Hybrid ZEROはUSB Type-Cポートがありません。

もう一つ、重要な検討材料が、直販サイトで割引クーポンが使えるかどうか。そういうところも、DELLはクーポンの割引率が高くて、この三つの中でコストパフォーマンスは一番です。

NECに直販サイトに飛ぶと値引きクーポンが発行されますし、hpでも割引クーポンがあります。



HP Directplus オンラインストア

まとめ

僕はかなり悩みましたが、最終的にNECの直販サイトで、NecのLAVIE Hybrid ZEROをカスタマイズして購入しました(※家電量販店で買うとカスタマイズできません)。やはり軽さを重視したのです。主にWordを使いたいから、というのもありました。あとはPC用のブラウザゲームを外出先ホテルでしたいというのもありました。良かったと特に感じるのは、旅行に持っていく時です。他に荷物があってもこの軽さなら全く負担になりません。

ただ、どの機能を使いたいかどうかで選び方は大きく変わってきます。デザインを重視するのか、軽さを重視するのか、タッチペンが使えることを重視するのか、価格を重視するのか。

2in1自体はおすすめですが、どこのメーカーがおすすめというのはありません。どれにも一長一短はありますので、自分に合ったパソコンを選んでください。

どれを選んだとしても、外出先で大活躍するお気に入りのノートパソコンになることは間違いありません! カフェで執筆活動するのも楽しいです!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする