日照不足はうつ病につながってしまう。

スポンサーリンク
横長広告

川口での一人暮らし

住んでいる父の実家は、建て直した当初、売りに出そうとしていたのだけれど、そこに無理言って住まわせてもらっていた。本当は数年で出ていくという約束だった。けれど、なかなか仕事先が見つからず、仕事をしても長続きせず、ずるずると長く住んでしまっていた。父に責められるのも当然で、結局、死んでいない自分が一番悪いのではないのか、と自分を責めるばかりだった。

だから、母の遺産も入ったことで、いよいよこの家から出ようと思った。この家にいれば、常に父に責められることになる。出ていけば、父にも責められず、きっと家を売りたいと思っている父の願いも叶うのだと思っていた。

都内から少しでも出るとやはり賃貸物件の家賃相場というものは下がってくる。
この頃は仕事も、契約社員として行っていたので(契約社員と言っても派遣社員となんら変わらなかったけれど。交通費は出ていたことぐらいが違いだろうか)、入居審査も通りやすかった。ただし、この時の仕事の時給は1050円くらいと安く、生活的にはどうしても苦しいものとなってしまった。

母の遺産をプラスしても貯金額は70万くらい(そこから賃貸契約で20万くらいが減った)。

選んだ物件も五万円台後半で、生活保護を受けているような人でも歓迎するというアパートだった。

 問題は部屋の狭さと、晴れていても陽がほとんど入ってこないこと

運んできた家具を全部入れると、布団を敷くスペースがかなりギリギリになってしまった。開けられずに置いたままの段ボールも多数あり、上に積み重ねて放置状態となった。クローゼットもなく、パイプハンガーを買った。内覧した時よりも、実際物を置いてみると部屋はかなり狭かった。

そして、もう一つ、実際に入ってみて悩まされたのが、 陽の光の入らないことだった。

部屋が一階だったし、更に向かい側に大き目なマンションが建っていた。内覧した時は夕刻で、時間帯によってはもう少し陽が入ってくるのかなと思っていた。あまりそこは気にしていなかったのだ(過去にも賃貸で一階に住んだことはあるからだ)。

だが、陽の光が入ってこないことが、うつ病の悪化に大きく影響してきてしまう。

仕事をしている時は部屋にいないからいいのだが、休みの日、朝になっても暗く、なかなか起きる気分になれない。そして昼間になってもとにかく部屋全体が暗い。部屋も狭く、更に暗いと、気分も憂鬱になってしまい、体がいつも重たく感じるようになってしまった。

日照不足でうつ病になりやすいとはよく言われている。日照不足でセロトニンの量が不足してしまい、身体が活動モードになりにくいと。それを体験してしまったのだ。電気の灯りではダメで、日中は陽の光を浴びることが気持ち的にはやはり大切なのだ。物件選びではやはり騒音問題とともに、日当たりが良い、ということも重要なポイントとして捉えておいた方がいい。

とにかくそうした薄暗い部屋にいることによって、動くことも億劫になり、すごく追い詰められた思いばかりが募ってきてしまい、気が変になりそうになっていた。

自分の人生、似たようなことの繰り返しだと思った。思い切って行動してもネガティブな状況に陥ってしまう。しかもうつ病は、良くなってきたと思っていたら、悪化してしまう。

苦しいばかりで何も変わらない、自殺するしかないのかといつも思ってしまっていた。
死にたい、死にたい、そのネガティブな思いがネガティブな状況を引き寄せてしまっていた。

父は父で、せっかくぼくが川口に移り住んだのに、東京の家を売りに出すことはしなかった。実は建て直した当初は一旦売りに出したものの色々なマイナス条件が重なってなかなか買い手がつかず、近年では売るのをやめようと気持ちが変わっていたらしい。

結局、川口での一人暮らしもただただ苦しいだけで、何も変わらず、気持ちを追い詰めるだけだった。

 また、この頃にしていた仕事にも問題があった。

地図に手書きで、水道配管工事の図面を書いていくという仕事をしていた。
CADを使わない図面作成という珍しい仕事だ。

派遣元に契約する時、図面を書くごと、処理した件数により給料が上がる歩合制になると言われた。実際、その派遣先で一緒に働いていた別の派遣会社の人々は歩合制だった。処理件数をこなせばこなすほど給料はすごい額になっていたそうだ。派遣でも一月に30万~50万くらいもらっていたそうだ。

一日のノルマもあった。最初の一・二ヶ月くらいは慣れるため、試用期間ということもありノルマはなかったけれど、三か月目あたりから何百件というノルマが課され、それに達しないと本社の社員に注意を受けるというもの。

処理件数を伸ばすのは苦しかったけれど(本社社員の威圧感・自分は偉いんだぞという態度もすごかったが)、段々と処理件数を達成できるようになり、更にノルマの倍を行くこともあった。一日の件数が500件以上超えることが当たり前になった。

けれど、試用期間後は歩合制になると聞いていたのに全くならなかった。ノルマを大幅に超えても給料は全く上がらなかった。他の社員と同じプレッシャーをかけられて同じことをしているのに、歩合制にならず大きな給料の差が出ていた。こちらはただでさえ時給が安かった。同じこと・同じくらいの処理件数でも30万以上もらえている人に対して、ぼくは常時16万程度だ。

雇われている会社にかなりの不信感が湧いた。その派遣会社自体が個人経営の会社でまだ立ち上げてからそんなに年数が経っていないということも知った。

その職場の正社員の態度も気になった。いつも不機嫌で(自分は偉いんだぞという態度を常にとり)、陰でこそこそとこちら側に対して悪口を言っているのだ。

最初の頃は、処理件数が遅いから仕方ないと思っていたが、ノルマを大幅に上回っても不機嫌な対応をされる。指導役の女性上司からのセクハラまがいの行為もあったりした。派遣元・派遣先、両方に不信感が募りに募り、7ヶ月で辞めた。むしろよくこの給料の少ない中、7ヶ月もやっていたと思う。

※ ぼくが辞めて後、三か月後くらいにその派遣会社自体が契約打ち切りになったそうだ。

辞めたら辞めたで、今度は日当たりの悪い部屋で過ごす時間が長くなり、気が滅入る毎日を送った(それでも、無職の期間、自分でゲームを作ってそれを販売し、1万円程度だが収入はあった。本当に微細な収入だったが)。

薄暗い部屋の中、追い詰められた思い・焦りのみで生きていた。あの時死ねばよかったのかもしれない、死んでいない自分に後悔することが多かった。

戻る次へ

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする