派遣で入った際のアクシデントと意外な再会

スポンサーリンク
横長広告

2012年の11月と12月、久しぶりに3D-CAD(SolidWorks)を使った派遣の仕事に就いたことがある。しかもすごい大手企業。給料も今までやってきたどこよりも高かった。

CADの仕事はブランクがあったものの、できると思った。専門学校でもあれだけプラモデルを使ってモデリングをやってきたのだから自信があった。

けれど、実際入社してみると、やはり実務で通用するほどの技術はなく(正社員の頃に教えられたことが『いかに図面を丁寧に仕上げられるか』だったのだが、その知識はほとんど役に立たない)「全然できないじゃないの」と女性の社員(指示をしてくれる人)からたびたび叱責を受けた。

(※ やはり実務での3D-CADで重要になるのはモデリング技術で、高度な操作ができるか否かだった。3D-CADの特徴は、ソフト上で干渉・耐久性などのデータ検証ができることにあるため、プレゼン技術の方が重要なのだ)

何故かその女性上司からは、入った当初から目の敵のように扱われてしまった。多分、その人は、新しいプロジェクトで外から人をわざわざ雇うのを反対していたような節があったのだ。

ただ、部長は本当にいい人で常に気遣ってくれた。その部長はみんなにも慕われていた。そこが救いだった。

それにしても本当に何故なのだろうか。企業で働くと高確率で嫌な思いをする・肩身の狭い思い・自己否定してしまう流れになってしまう。CAD操作に対してもまた自信を無くしていった。

ただ、この職場ですごい出会いがあった。専門学校卒業後に正社員として入った会社の同期入社の一人がそこで働いていたのだ。その人はまだ当時の会社に所属していて、今回の会社に出向に来ていた。

数年振りに再会したものの、その人はぼくのことにすぐ気づいてくれた。気さくな人で、その職場でもよく話しかけてきてくれたし、色々とフォローしてくれた。おかげで仕事がしやすくなった。やはり親しく話せる相手がいてくれると気持ちも少し楽になってくる。

この企業で働いていて一番印象的だったのは、入社して十日後くらいでプロジェクトがなくなってしまったことだ。本来やるSolidWorksでの仕事がなくなってしまい、入社した意味がなくなってしまった。契約期間も一か月短縮された。派遣で入ると、そんなアクシデントもあるのだなと思った(というか、プロジェクトが正式に決まる前にヘルプの人材を雇うのだなぁ、と。。。)。

でも、契約期間が短縮されたのは、実はかなりありがたかった。前述した女性の上司と接していると(隣にいるだけで)恐怖症の症状(震えや冷や汗など)が出てしまい、うつの症状も悪化していたからだ。

部長からは12月末までの契約期間満了まではやってほしいと言われたので、他の人の業務の手伝いをすることになった。業務内容が一気に楽になった。暇な時間もできてSolidWorksの操作を勉強したり、今まで触ったことのない3D-CADの勉強をしたり。部長も申し訳なさそうだったけれど、こっちも申し訳ない気持ちになってしまった。

新しいCADソフトを操作できたのは良い経験になったし、高時給だったのは本当にありがたかった。

そして任期満了で終了。

戻る次へ

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする