仕事内容が簡単で無難にこなせても、睡眠障害に悩まされる

スポンサーリンク
横長広告

 契約社員として半年働く やはりどうしても職場が過酷

職業訓練校を卒業して、年が明け、わりとすぐに就職先は決まった。契約社員として、主にその企業の得意先のデータ修正の業務だ。契約社員としての就業は初めてだったが、派遣社員との違いは、月給制だったことだ。交通費もきちんと出る。

難点といえば、女性ばかりの職場だったこと。女性の中で一人自分だけ男、という状態だった(部長やリーダーは男性だったけれど、上の階にいた)。これまでも女性が多い職場で働いたことはあったので、その点は問題ないだろうとやる前までは思っていた。大手の企業だったし、落ち着いた雰囲気なのだろうと楽観的に思っていたのだ。

ところが実際働いてみると、とにかく悪い意味で騒がしい職場だった。女性同士仲良くやっているように見えて陰湿さが渦巻いていたり、周囲の会話がひどく下品だったり、言葉遣いがかなり汚かったり、人が不快になることを業務中でも平気で言う。若い女性だから、というわけではなく、あの職場に集まっていた女性たちがそうだったのだ(他の企業で若い女性と働くことはあったけれど、社会人らしいマナーはきちんとわきまえていたし、言葉遣いがひどく汚かったり無神経だったりなんていうことはほとんどなかった)。会社や上司がブラックなのではなく社員(派遣社員・新入社員)がブラックというパターン。このブラック派遣社員・ブラック新入社員というのも結構いる(見たり聞いたりしてきた)。

とにかくそこにいるだけで多大なストレスになってしまった。業務内容自体は簡単で無難にこなせるのに、精神が疲弊してしまった。また恋愛の話題も業務中に頻繁に出て、恋愛経験のないぼくは委縮するばかり。彼女たちの中では世の中の誰しもがパートナーがいるのが当たり前だと思っているようだった。

ぼくの後に入社してきた女性もいたが、そうした騒がしい雰囲気に耐えられずに一か月くらいで辞めていく人もいた。女性でもなかなか耐えられない職場環境だったのだ。

それでもぼくは半年我慢して通い続けた。精神的に疲弊し、体もかなりやつれてしまったが、きちんと任期満了出来たのは本当にすごいことだった。

ちなみに、この職場で働いている間、ライター養成講座というものに通っていた。それがモチベーションになっていたのだと思う。それに、久しぶりに電撃小説大賞で一次通過を果たせたことが少し自信になれた。

しかし、こういう職場環境に毎度毎度恵まれないのは、本当に運がないのだなと思った。会社で働こうとすると、うつ病が悪化するパターンが本当に多い。うつ病が運のなさを引き寄せてしまっているのか。これまでの死にたいというネガティブな思考がネガティブな環境を引き寄せてきてしまったのか。

それから二か月後に、新しい職場で働くこととなる。その仕事は大量募集のもので、たくさんの人がワンフロアで働くものだった。内容はデータ入力と資料のチェックだ。
大量募集の仕事というのは、大抵仕事がなかなか見つからなくて困っている人たちがやってきているという印象が強い。
そのためか、雰囲気は穏やかで仕事がしやすい。他の人と会話も弾むし、ぼくの能力が評価されることも多く、自己肯定につながっていた。

ただ、その分、給料はかなり安く、その上、交通費も出ないから、生活は苦しくなる一方だったし、神奈川の実家にいる父親からは早く正社員の仕事に就けと脅迫に近い形で何度も煽られていた。

そういう状況下でやっていたが、この職場も半年続けられたのだった。

企業で働く時、大きな悩みになるのが睡眠障害

うつ病からくる症状の一つで睡眠障害というものがある。仕事中、どんなに意識を集中させていても眠くなってしまうのだ。逆に夜は、しっかり眠ろうとしても眠れない。前日の夜23時とかに寝て7時間睡眠とかとったりしても、眠りが浅く疲れが取れていない状態で起きてしまう。

ぼくの場合、「仕事に行かなければ」「遅刻したらいけない」「仕事で失敗できない」「仕事中ちゃんとコミュニケーションしなくちゃ」などの過度のストレスから、睡眠障害に陥ってしまう。また、生きていることへの罪悪感、人生の焦り、不安などからも睡眠障害を起こす要因となってしまう。

これまでの職場でも仕事をしながらうとうとしてしまって(それも毎日だ)、意識を失うように突っ伏してしまったこともあり、注意されたことが何度もある。気を付けていても睡魔に襲われてしまうのだ。注意されたからといって治るものではない。むしろ逆効果で、より一層ストレスを溜めて睡眠障害に陥るという負の連鎖。

それが大きな悩みとなり、仕事に行くのが怖くなり、職場で居たたまれなくなり、短期間で辞める、ということが結構あった。一つの場所で長く働けない大きな要因となってしまう。

それを改善させるにはどうしたらいいのか、メンタルクリニックの医師に何度か相談してみたのだが、やはりストレスを緩和させること。うつ病を少しずつでも改善していくしかない、と言われた。ちなみに、睡眠薬は一時的なものでしかないので、本当の改善にはならないことは二十代前半の頃にもう分かっていた。

うつ病の改善には、生活環境を良くすること。自己を肯定すること、と言われる。

でも、生活環境を良くするにしても、一人では限界がある。家族は無理解。むしろ追い詰めてくる。自己肯定をするための成功体験というのもなかなかできない。

そういう時、理解力のあるパートナーがいてくれたら、すごく気持ち的に楽になって、自己肯定もたくさんできて、それこそ本当に改善の方向へ向かうのにな、と思うのだけれど、うつ病を患っていると、出会いというのもほとんどない。真面目な出会い系サイト・マッチングアプリなどを利用してみても敬遠されるし(仕事が安定しない・収入も少ないため)、実生活の中でも気になった異性を見てもなかなか自分からアプローチするということもできない。

うつ病で負のスパイラルに陥ってしまい、良くなっていかないのだ。結果慢性的なうつ病になって長い間時間を無駄にしてしまう。



 でも、今この記事を書いている現在のぼくは、二十年近くうつ病だけれど、うつ病であってもこれから幸せになれると信じている。そう、引き寄せの法則と出会ったからだ。

うつ病でも絶対幸せになれる。今の自分は幸せになっていい。理想のパートナーも絶対できる。夢も叶えられる。

うつ病だからできない、のではなく、うつ病でもいいのだ。とにかく自己肯定して、幸せを引き寄せるのだ

自分は幸せになっていい、と断言するのだ。理想の異性と出会って付き合えると断言するのだ。

某スクールアイドル・ラブライブの、あるユニット曲の歌詞でも、こんなのがある。

『頑張り方が違うかも』『ひとりきりで悩まないで』

まさにそのとおりなのだ! 『がんばらないほどお金が入ってくる』とも言われるように、これまでの人生、頑張り方が違っていた!


戻る次へ

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする