再就職先を探す大変さ

スポンサーリンク
横長広告

正社員として入った会社を退職してから、一年ほど無職の期間が続いた。

その間、失業保険を受けながら、ハローワーク(飯田橋駅の東京仕事センター)でビジネスマナー講習や就職セミナーなどをいくつも受けたりした。同じ離職中の人とできるだけ交流しようともした。ダイレクトコミュニケーションという民間講座も受けてみた。

しかし、同じ離職中の人と自分から積極的に交流しようとしても、長続きしない。暗い人、話しづらい人と思われてしまうのだ。やはり人と接するだけでびくびくしてしまうからだろう。その時に知り合ったみんなと一緒に遊びに行くようなことがあっても、結局、話しやすい人同士で仲良くなっていき、自分は相手にされなくなっていった。

失業保険受給期間も過ぎて、収入がほとんどなくなった。東京ドームで日雇いのバイトを何回かしたりもした。年末の一週間の期間だけデパ地下で売り場案内のアルバイトをしたりもした。けれど、日雇いのアルバイトをしても、どんどん貯金が減っていった。うつ病の自分にとっては日雇いの仕事さえも過酷に感じてしまうのだった。

ハローワークやインターネット求人サイトで探しても探しても、再就職先は見つからず、もう正社員としてのCAD関係の求職活動はできないと判断し、派遣会社に登録した。その年の六月にどうにか大量募集のデータ入力の仕事に就くことができた。その時、すでに貯金は二十万円にまで減っていた。ぎりぎりだった。

大人数の仕事場。仕事がなくて困っている人たちが多く集まってきていた職場だった。職場は台場近くにあり通勤は電車とバスを乗り継いで大変だったけれど、職場の雰囲気はよく、仕事がしやすかった。

また、管理者の中にみんなから美人と噂されるほどの綺麗な女性がいて、ぼくもかなり気になってしまった。いつもシンプルなファッションながらオシャレな雰囲気で、若いながらもしっかりしている性格だった。気さくな性格でもあり、みんなから頼りにされていた。久しぶりに人を好きになる感覚というものを味わった。その人がいてくれたおかげで職場に通おうとする気持ちも保てたし仕事に対する意欲もわいた。

いや、最初の頃は、よく見ていなくて、声がかなり高くて特徴ある人だなぁ、としか思っていなくて。でも、あ、この人、綺麗な人だなぁ、と段々思っていって、まあ、自然と気になり出していたわけです。

でも、同じ職場の他の人も同じように思っていたらしく、「あの美人の人」と噂していた。その部屋の半分くらいの男性が美人だと思っていたのだ。「あ~、ぼくだけじゃなかったのね」と。東京に住んでいながら、そういう多くの人から評判になっている女性を実際目にするというのも初めてだった。

ただ、業務でその人と接することはほとんどできず、遠くで眺めていることしかできなかった。しかも、仕事が始まってから三か月後に配置転換があり、その人は本社へと戻って行ってしまった。結局、挨拶することさえできなかった。話せなかったこと・想いを伝えられなかったことが心残りだった。

久しぶりに気になった女性だったのに、自分に自信が持てず、どうしても気持ちが臆してしまう。「こんな自分が……」「こんな自分が……」という自己否定の日々。うつ病だと人を好きになる・恋愛に対しても本当に大変だと実感した。

それでも、その職場で一年間働くことができた。うつ病の症状もあり、通勤が本当に過酷だったけれど、これまでで二番目に長い期間企業で働いたことになる。貯金も二十万円からどうにか五十万円にまで戻すことができた。貯金額を一月に三万円ほど増やしていくのが唯一の楽しみとして仕事をしていたといってもいいくらいだ。

それからその職場を退職後、再び失業保険を受けて職業訓練校に通うこととなる。

職業訓練は、簿記の資格を取るための勉強をするところへ通った。簡単な民法の勉強もした。

簿記三級の試験は受けたものの、落ちてしまった。三か月間の勉強だけではやはり簿記の資格を取るのは難しかった。半分も点数が取れていなかった。

ただ、失業保険を受けながら職業訓練に通う期間は、経済的にも精神的にも大分安定して過ごすことができたので、離職した人は本当にオススメ。

自己都合退職の場合は3か月の給付制限が設けられるが、職業訓練を受けると訓練開始から支給が開始されるので、給付制限が短縮されるのだ。しかも、訓練が続いている間は、給付期間が延長される。訓練開始までにすでに支給されていても、給付日数が残り3分の2以上残っていれば、本来支給が終了する日が来ても、自動的に延長される。
そしてもう一つ、離職中に職業訓練を受けるメリットは、失業保険に訓練受講手当と交通費が上乗せされること。失業保険だけではやはり生活が苦しい、という方には支給額が増えるのは本当に助かる。更に無料で勉強ができて知識も身につけられるのでとってもお得です。
ただし、テキスト代は自己負担。更に注意点として、欠席や遅刻・早退すると支給の対象外になります。また総訓練時間の8割以上の出席ができなくなった時点で退校となってしまいます。
ハローワークにある職業訓練のパンフレットをしっかり読んで、また相談窓口でしっかり説明を受けて、自分に合った受講コースを見つけることが大事。失業保険受給目的でただ何となく受けるのではなく、楽しく通い続けられるか、身に着けたいスキルかが重要。
最後の注意点として、受講の申し込みをしたからと言って必ずできるわけではないのです。窓口で申し込みをした後、選考があり、選考合格したら晴れて受講開始手続きという流れとなります。選考は、そのコースを受けたら今の自分にどれくらいメリットがあるのか、を記述するので、勉強しようという意欲だけはしっかり持ちましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする