父の実家に戻って、うつ病が酷くなり、自殺の旅へ

スポンサーリンク
横長広告

病院に通うと決めて実家へ

これで苦しい環境に身を置いても、きっと人生が好転すると信じていたが、

東京の父の実家に本格的に移り住んでから、うつ病がひどくなった。

ひどいうつ病に悩まされながらも、病院を探して回った。なかなか自分に合ったところが見つからなかったが、保健所を通して直接メンタル系の医師と相談できる機会を設けてもらった。これまでの経緯を話し、ようやく通院する病院が決まった。

※うつ病、診察してもらいたいけど、どこの病院に行けばいいのか分からない。病院に行く前にまず話を聞いてもらいたい、という人に、保健所に相談するというのも一つの手です。相談員と、メンタルクリニックの先生がじっくり話を聞いてくれて、それから通える範囲にどういうクリニックがあるかを教えてくれます。

通院を始めて薬を服用するようになるが、薬はあくまで一時的に症状を和らげるもの。環境を良くしないといけないと言われたが、家での生活が苦しすぎて、何も改善することはなく、体調はますます悪化していった。ただ、一人暮らしの時に陥っていた栄養失調の方はカリウム不足が原因で、それは処方薬で改善されていった。

冷暖房機器はなく熱中症になりそうになる。頻繁に脱水症状にはなっていた。食事もまともにできず、再び栄養失調気味に(カリウムを補えるのはバナナがいいとのことで、カリウムの処方薬とともに少ない生活費からどうにかバナナを買って食べていた)。

部屋に閉じこもろうとしても閉じこもれない状況。認知症の祖母の面倒を見るため、ヘルパーさんが休日以外毎日訪れる。ヘルパーさんはぼくが大学生だと知っている。

結局、ヘルパーさんが家を訪れる前に毎日外に出て行った。駅前や池袋などに行って時間をつぶした。ゲームセンターに行っていたことが多かったと思う。もちろん大学に行くこともあった。ゼミには出席していたし、講義もいくつかは出ていた。

更に、この家での生活で一番苦しかったのは、自由にトイレに行けないことだった。二階のトイレはとても使えるような状態ではなく、一階のトイレは昼間は使えない。トイレをしにいくために毎日外出していたようなものだ。

引きこもりさえ許されない生活。アルバイトを探しても、全く採用されない。日雇いで採用されても体力が全く続かない。気力をすべて家の環境に注いでしまっていた。

この生活からもう逃げ出せないのだと思い、せっかく芽生えた『生きる』への思いも消えて、再び『死』に頭が埋め尽くされた。

もう死ぬしかないと思った

完全に心身ともに参ってしまい、自殺の旅に出た。二十一歳の二月。真冬だ。各駅停車の列車に乗って、琵琶湖を目指した。滋賀県に着いたのはその日の二十三時近くだった。

刃物を現地で調達する予定だったのだが、店は全部閉まっている。道も真っ暗で琵琶湖もどうやって行けばいいのか分からない。焦りと不安と孤独に苛まれた。

どうしていいのか分からず駅周辺をうろうろしていると、警察の人に声をかけられた。

この時はまだ学生だったから、学生証を見せて一人旅だと嘘を言った。まさか自殺するためにここまで来たなんて言えない。

泊まるところがないのだと言ったら、ホテルを紹介してくれた。この日は仕方なく、ホテルに泊まった。

翌日、琵琶湖を目指した。入水自殺しようと思ったが、結局恐怖に苛まれ、できなかった。

せっかく関西まで来たのだから、京都の清水寺に行ってから、帰ることにした。うまく死ねますようにだったか、それとも生活環境が変わることを願った気がする。

帰りの電車は静岡の島田で停まってしまい、その日の電車はもうなかった。島田駅近くの神社境内で野宿をした。といっても、真冬の寒さの中で一睡もできなかった。

結局、自殺せずに帰ってきてしまった。一体何のために行ったのか分からない旅だった。

ただ、これをきっかけにして親にぼくの心の苦しみが伝わり始めた。通っていた大学のカウンセラーからも両親にこれまでの苦しみの経緯を伝えてもらった(伝わったはずだった)。自室用のテレビも買ってもらった。

大学も辞めた。すでに四年で卒業するための単位が足りなくなっていたので、これ以上親に高い学費を払わせるわけにはいかないと思った。

父も高い学費を払わずに済むということで、「いいよ」と快諾してくれた。

休学するとか、そういう方法があるとは知らなかった。病気だから、死ぬことばかり考えていたから、辞めるしかないと思っていたし、両親も休学したらどうだとかまったく考えず、あっさりと、「なら辞めていい」と言った。結局、父は、自分が入ってほしかった大学(理系)に入れることができずに、芸術学部文芸学科に入ったことをずっとこころよく思っていなかったから、せいせいしていた様子だった。

日々の生活は相変わらず苦しい。引きこもりにもなれない。アルバイトもできない。
また『死』のみしか考えられなくなった。その間も小説は書き続けた(小説なんて書くなと父からはしつこく叱責されたが、医師は小説を書くことはぼくにとって自分の気持ちを表すのによいことだからと言って勧めてくれ、めげずに書き続けた)。

戻る次へ

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする