一人暮らし 苦しみとの闘い

スポンサーリンク
横長広告

一人暮しするお金を貯めて、東京へと戻ってくる

部屋を探し始める。しかし、ここで知った知識は、部屋を借りるには、家賃の他、敷金、礼金、保険、など色々掛ることを知った。自分の資金は、たった二十五万。不安が生じた。

しかし、一人暮しする旨を父に告げても、

「お金は出さないからな」

つけ離すように言われた。それでもめげずに部屋を探した。

東京のあの家では、生活していけない。不安、気疲れが絶えない。体も休められない。寝ても、翌朝は体がガタガタ。まだ眠っていたいのに、ヘルパーさんが来て、下がうるさくなる。いる間は外へも出られない。学校が休みだって、家の中でゆっくりしていられない。ヘルパーさんが来る前に家を出て、外をぶらぶらしていなくてはならない。疲ればかりが溜まっていって、いつかどうにかなってしまう。追い詰められるばかり。

せめて、安心して休める場所に行きたかった。

どうにか埼玉の新河岸駅にいい部屋を見つける。新河岸駅は家賃相場がとにかく低い。

連帯保証の件を父に言うと、会社名なんて書きたくないと言ってきた。連帯保証人は、本人がお金を払えなかったら、こっちに催促が来るんじゃないかと。すごく迷惑そうな顔をして言ってきた。

親は、本当に何も考えてくれていない。考えているのは、お金のことだけ。心底嫌になった。

しかし、しばらくしてから、突然父が会社名を書いてやると言ってきた。

分からなかった。一体どういう心変わりだ。たったの二時間程度でだ。

嬉しさよりも、更に父親に対して不信感が増していくようになった。

でも、これでついに、念願の一人暮らしが始まったのだ。

まずは部屋に何もないから、物を色々揃えなければいけなかった。当然親はお金を出してくれないので、全部自分で揃えなくてはならない。

雑貨用品。ワープロを打つ机。布団。色々あるのだが、まずは、お風呂場、洗面所用品を揃えていった。何より、トイレに安心して入りたかった。東京の家では安心して入れない。胃腸の調子が、もう何年間も続けて悪いので、トイレはいつも落ち着いて入りたかった。

それに、お風呂も、安心して入りたかった。

その後、ワープロを打つためのパソコンデスクと、食事するための安いテーブル。掛け布団。あとは生活に必要な物を色々揃えていく。ただし、敷布団だけは買えなかった。重くて持って帰るのが困難。薄い敷パットで代用。いつかお金に余裕が出れば買えばいいと思っていた。

洋室なので、床に寝る。敷パッドが薄いため、床の硬さが体に伝わってくる。

電話もない。携帯電話も当時は持っていなかった。

炊飯器も、電子レンジもない。絨毯もない。お金が少なくなってきたので、そういうものが一切買えなくなってきた。敷布団も買えない。

学校はいよいよ授業が始まり、完全創作専攻のゼミに入る。

バイトを探すが、なかなか見つからない。学校に行っていることもあって、結構できる仕事は限られてくる。

接客業はことごとく落ちた。面接を受けても、やつれた・暗い雰囲気で断られたり、そういうことが続いていく。

その間、五月も下旬に入り、お金もなくなってきて、次第に焦り出してくる。どんどん不安になっていく。食べ物だって、インスタントのものばかり。たまに弁当。部屋に炊飯器や電子レンジ、フライパン、鍋、などがないため、作ることもできない。

やっと日払いの登録バイトができるようになって、六月分の家賃を、なんとか父親にもらえた三万円と合わせて払えた。

しかし、そのバイトをやって分かった。この体は、こんなにも疲れていたんだと。冬に神奈川でやったアルバイトよりも、数倍過酷に感じられた。

午前の3時間やっただけで、体が重たくなってくる。ひどく疲労感を感じる。更に時間が過ぎていくと、足がガクガク震えてきて、水分が大量にほしくなる。気を抜くと、その場に倒れてしまいそうになる。

仕事が見つからない間、不安で不安で堪らなかった。今までの貯金もそこを尽きる。食べ物だって、ほとんど百円か、二百円程度の、値引きされたお弁当や、パン、インスタント食品などで、食いつないでいった。

不眠症にも陥る。下の階の住人が、深夜うるさく、なおかつ生活面で不安で胸が苦しくなってなかなか眠れない。布団も固くて眠れない。

1Rなので、動き回れないし、気持ちがリフレッシュすることもなく、そのため更に気持ちが追い詰められていく。テレビもなく、暗い部屋でラジオを聴くことだけが楽しみだった。

毎日毎日食べ物は外に買いに行って、袋とゴミ、ペットボトル、缶ばかりが増えていく。自分の望んでいた生活とはあまりに掛け離れていた。まったく落ち着けない生活。常に疲れを感じる生活。

去年以上に、出る講義も少なくなっていった。火曜日と、木曜日ぐらいだった出ていたのは。あとはもうほとんど行かなくなった。行っている時間ももったいなかった。小説を書かなきゃ、小説を書かなきゃ、そればかり考えるようになって、更に追い詰められていった。

ついには、宝くじに頼るようにもなっていた。ほとんど泥沼状態だ。

相談相手も誰もいない。学校でも誰もいない。

六月の二週目ぐらいから、登録バイトではない、別の所でアルバイトを始められた。仕事内容は、登録バイトと大して変わらないものなのだが、時間は二時間程度。
しかし、このバイトも、交通費が掛かって、通勤費さえなくなりそうになったので、一週間程度で辞めなければならなかった。

戻る次へ

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする